ドコモ主導の、日韓のスマホ半導体合弁がとうとう頓挫 ~やっぱり技術流出懸念が問題~

こちら日経新聞「ドコモ、日韓のスマホ半導体合弁中止 技術流出懸念」から、ドコモ主導の、日韓のスマホ半導体合弁がとうとう頓挫し、6月を目処に清算するようです。

スマートフォン関連半導体で高いシェアを誇る米国勢に、日韓連合で対抗する狙いをドコモさんが主導で進めていましたが、日本メーカーの協力が得られなかったようです。


開発した半導体はアジア市場などへ外販したいという方針もあったようですが、技術を相互にオープンにしたいサムスン側の条件を最後まで飲めずに終わったとか。

さらに、今は時期も悪かったようです。官民ファンドの産業革新機構がルネサスエレクトロニクス、富士通、パナソニックの3社でシステムLSI(大規模集積回路)事業統合交渉を進める始めてたところですから。

Google



COMMENT 0