Musikmesse 2012: EHから 揺らすだけでワウ効果!! Crying Tone Wah♪

Premier Guitarのアイドル Rebecca Dirksちゃんが New York市にある Electro-Harmonixファクトリーへ訪問して、最初にMike Matthews社長からの挨拶と、その後に John Pisani氏から EHXの最新のエフェクター「SuperEgo Synth Engine」と「Crying Tone Wah」の説明やデモを受けてきたようです。



「SuperEgo Synth Engine」はシンセサイザーのような音がするという程度で軽く流すとして、肝心の「Crying Tone Wah」はと言いますと凄いです。このワウペダル、揺らすだけで通常のワウと同じような効果があるということで、要はメカニカルな可動ペダルがなくなったということです!! これ流行る前に日本で最初に欲しいリスト追加です。



Google

もともとは、下記のようなモデルがEHから発売されていたことがあり、今の時代に相応しいデザイン・機能で復活といったところでしょうか。さすが、Mike Matthews社長♪


Electro-Harmonix Superego Synth Engine & Crying Tone Wah Demos


Electro-Harmonix Crying Tone pedal (これは旧モデルです)


From the vault: EHX Crying Tone



COMMENT 0