秋葉原にあります、「はんだづけカフェ」って知っていました?

秋葉原にあります、「はんだづけカフェ」って知っていました? カフェと言っても飲み物は出していないカフェなのにカフェを名乗っているところです(笑) ここを始めた目的はずばり「はんだを広めたい」ということで、ここではんだ付けをすることができる工作の場所を提供しているそうです。



Google


はんだづけカフェは、電子工作のための道具や場所をシェアすることができるオープン・スペースです。 LEDを光らせたこともないような初心者から、電子回路を使ったインタラクティブな作品を作るアーティスト、 自ら基板を設計してしまうようなギークまで、様々な人が集まって、そこにいる誰かとちょっとした会話をしたり、買ってきたパーツをハンダ付けしたり、そういうことができる場所です。

実はカフェと言っておきながら、お茶はでないのですが、ネット環境やハンダごてなど、ちょっとした作業ができる環境を用意しています。将来的には3Dプリンタやレーザーカッターなどを導入した本格的なツールシェアリングも実現できればと思っています。

また、ワークショップやイベントの企画、スペースのレンタル等もできます。 誰もが気軽に訪れることができる、電子工作やD.I.Y.のハブとなる「場」それがはんだづけカフェです。」

ちなみに、こういう専門性?のあるスペースはたくさんあり、四ツ谷と中野には坊主バーが、鉄道カフェ、すりばち状の地形を愛でるカフェなどなど本当にあるようですね。



COMMENT 0