ESP社のコストパフォーマンスMAXブランド Edwardsからキルト・メイプル・レスポール E-LP 110CD/QM登場

まずEdwardsと言えば、ESPの中ではまあコストパフォーマンスMAXブランドしてよく知られていると思います。ご存知(私の独断と偏見の)下記のようなヒエラルキーというか格付けというかが整理してみますとESPブランドの中にはあると思います。

  • ESP(30~70万円)
    いろんな意味でここまで金掛けないと...的な ESPのフラッグシップ・ラインです。

  • Navigator(30~50万円)
    ESPより質が落ちるというよりは、ESPではできない理想のヴィンテージを目指したラインだと思います。

  • EDWARDS(9~20万円)
    多分コスパ(コストパフォーマンス)MAXなお買い得なラインだと思います。
    但し、ボディの木で鳴るというよりはSeymour Duncanピックアップで鳴ってるギターっぽいです。

  • LTD(~20万円未満):
    これは基本的にはESPのUSブランドになります。EDWARDS~Grass Rootsまでカバーするラインだと思います。

  • Grass Roots(~7万円未満)
    まあぶっちゃけ何か手軽にお金掛けずに始めたい的なラインだと思います。案外コスパ(コストパフォーマンス)は悪いと思いますので、中古が嫌じゃなかったらお薦めは半値近くで買えるEDWARDSやNAVIGATORの中古かな?

E-LP-110CD/QM

ということで、コスパMAXなEDWARDSからトラディショナル・シリーズとして発売されたのがこの「E-LP-110CD/QM」でして、今流行のキルトメイプルを使用したモダーンなんですがヴィンテージ風レスポールになります。ボディのキルト・メイプルやヘッドのインレイ、さらにはTabacco Sunburstカラー、ゴールドパーツという拘りの仕様が光ります。

さらにEDWARDSの特徴でもあるSeymour DuncanのピックアップはこれまたネックはオールドPAFよろしくSH-1n、ブリッジはJeff Beck仕様の元になったJB(SH-4)というこれまた交換ピックアップでは定番かつ安心の嬉しい仕様です。これだけでお値段8.5万円ですから全然コストパフォーマンス高いと思います。



Google


E-LP-92SD/QM

こちらはもう少しお安い7.7万円位のEDWARDSでして、これもやはりトラディショナル・シリーズとして発売されているもので「E-LP-92SD/QM」でして、今流行のキルトメイプルを使用したよりシンプルなモダーン・レスポールになります。ボディのキルト・メイプルやPUカバーなしのゼブラPUという拘りのモダーン仕様が光ります。

こちらもEDWARDSの特徴でもあるSeymour DuncanのピックアップはこれまたネックはオールドPAFよろしくSH-1n、ブリッジはJeff Beck仕様の元になったJB(SH-4)というこれまた交換ピックアップでは定番かつ安心の嬉しい仕様ですが、さらにカバーなしのゼブラPUに感激です。これだけでお値段7.7万円ですからこちらもコストパフォーマンス高いと思います。



オールラッカーシリーズ E-LP-130ALS/RE (実勢価格 約10万円)



オリジナルシリーズ E-SN-150FR (実勢価格 約8万円)



ESP/Edwards Les Paul Flame Top Part1 (E-LP-130ALS/RE)


EDWARDS E-LP-92SD/QM - Led Zeppelin(cover) -


Edwards E-SN-145FR
【エレキギター】Edwards E-LP-110CD/QM (TBS)

【エレキギター】Edwards E-LP-110CD/QM (TBS)
価格:86,625円(税込、送料込)

【2012新製品】EDWARDS E-LP-110CD/QM

【2012新製品】EDWARDS E-LP-110CD/QM
価格:92,400円(税込、送料込)



Pete Skjold shows off enhanced quilted maple top

COMMENT 0