NAMM 2012: 最新マルチエフェクター・フラッグシップモデル BOSS GT-100 4万9800円♪

こちらも是非日本で先行発表して欲しかった、BOSSのマルチエフェクターでのフラッグシップモデル GTシリーズ「BOSS GT-100」がNAMM 2012で登場です。こちらも最新のDSPを採用し、数多くのエフェクトと新しいアンプシミュレータがどんどん増えていっているモデルのようです。




動画ではあんまり歪み系の良さが分からないなぁ♪ もっとその「ADVANCED AMP」とやらを紹介して欲しいんだけどwwww 3月発売でお値段は4万9800円だそうです、安いですね!!

  • 25種類のアンプシミュレーター:
    1) 17種類のヴィンテージアンプ・モデル
      キャビネットの構成
      マイキングの設定
    2) 次世代のアンプシミュレーター!?「ADVANCED AMP」
      実在するアンプでは物理的に不可能といえる極めてナチュラルな8種類のアンプ・モデル

  • エフェクト
    01) COMP:
    02) OD/DS:
    03) PREAMP:
    04) EQ:
    05) FX1/FX2: T.WAH、AUTO WAH、GRAPHIC EQ、PARA EQなどから割り当て可能
    06) DELAY:
    07) CHORUS:
    08) REVERB:
    09) PEDAL FX:
    10) NS1/NS2:
    11) ACCEL FX: 6種類のシンセサイザー系のエフェクト



Google


以上、特に説明がないものは少なくとも何種類あるかは分かりませんが複数のエフェクトから選ぶことができるようになっているようです。しかも、プリセットは400(ファクトリー200 + ユーザー200)もありますので、膨大な良質のエフェクトが実装されるのを是非期待したいと思います。

さらに、エフェクトループ、モノラルで最大38秒の重ね録り可能なルーパー機能、BOSS独自のEZトーン、ジャンル・アンプ・歪みの3種類から作るカスタム・モードなどが特徴です。



ちなみに、Line5のPOD X3から採用されたDual Tone機能のような、(でも昔々、BOSS GT-PROちゅうのに確か完全独立デュアルアンプ仕様のアンプシミュレーターがあったその機能が復活した形で) 信号として独立して2系統で音作りする機能が追加されてます。 

GT-100 Amp Effects Processor Overview


COMMENT 0