【ちょっとお薦めのリキュール】 杏(あんず)の種(核)から作られた ディ・サローノ アマレット(DISARONNO AMARETTO)

杏から作られたリキュールと言えば、1525年にイタリア・ミラノ市郊外サローノ村で誕生した元祖「ディ・サローノ アマレット(DISARONNO AMARETTO)」などが代表のアマレット。

Google


これは、ブランデーに杏(あんず)の種(核)を浸漬し、それにアーモンド、バニラ、カカオ等17種類の薬草エキスのオイルを加え作られたリキュールになります。


(ちなみに、このミラノ市郊外サローノ村は Leonardo da Vinciの弟子Bernardino Luiniがサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会に聖母マリアのフレスコ画を書いた場所でもあります。

その時にフレスコ画のモデルとして雇った宿屋の若い女主人と恋におち、この女性が Luiniへの贈り物としてつくったのが、この「ディ・サローノ アマレット(DISARONNO AMARETTO)」の原形とされています。)


アマレットという位(イタリア語で「すこし苦いもの」という意味)ですから、ちょっと苦味があるのですが甘く、私はこれをジンジャエールや炭酸水にちょっと足して楽しむのが好きです。

まあ、いいウイスキーやブランデーは基本そのまま飲む方がいいですが、安いウイスキーやブランデーの場合にはこのアマレットをちょっと足してフレバーを楽しむのも手です。

  • イタリアン・アイスティ
    (ディサローノアマレット 30ml、烏龍茶 90ml)
  • ディサローノ・ジンジャー
    (ディサローノアマレット 30ml、ジンジャーエール 適量)
  • ディサローノ・ミルク
    (ディサローノアマレット 30ml、ミルク 適量)

Google


実はアマレット、現在は説明のように杏(あんず)の種(核)を主な原料とするのが普通ですが、伝統的な製法はアーモンドを100%使用して作るものになっています。

そういった意味ではアーモンド100%使用のアマレットは一度は試してみたいですね。アーモンド100%ですので、当然アーモンドの豊かな香ばしい香りが楽しめます。

こちら「アマレット・ローヤル・コンティ」は世界規模で行われるスピリッツ・チャレンジで受賞歴があるお薦めのものです。特にこの「アマレット・ローヤル・コンティ」は以下の飲み方がお薦めはだそうです。

実は内緒ですが「牛乳にこのアマレットをちょっと入れるとまるで杏仁豆腐のようなやさしい甘みが楽しめる、飲む杏仁豆腐になる♪」んです。

ディサローノ アマレット 28度 700ml

ディサローノ アマレット 28度 700ml
価格:1,290円(税込、送料別)

Toschi Amarettoトスキ社 アマレット 700ml 28度

Toschi Amarettoトスキ社 アマレット 700ml 28度
価格:1,680円(税込、送料別)

デ・カイパー・アマレット

デ・カイパー・アマレット
価格:1,523円(税込、送料別)

ボルス アマレット 24度 700ml

ボルス アマレット 24度 700ml
価格:990円(税込、送料別)



COMMENT 0