Randallから、今度はScott Ian シグネチャーアンプ Randall RM100SI& MTSモジュール

ということで、Randallから今度は スラッシュメタル四天王のバンドの一つ Anthraxのギタリスト Scott Ian氏 シグネチャーアンプ Randall RM100SI(およびそのキャビネット)と、そのMTSモジュールが出ます。かなり外見はデザインが凝っていて、海外ドラマ「LOST」の「Dharma Initiative」風のロゴの真ん中にはペンタグラムを付けたようなデザインになっています(でも、これ飽きるなぁずっと使っていると)。



海外ドラマ「LOST」の「Dharma Initiative」ロゴ



スラッシュメタル四天王(Big 4)くらい覚えやがれ♪
Randall/ランドールのRM100シリーズは絶対サードパーティーのモジュールを買いやがれ!!
Randall/ランドールのRM100シリーズは絶対サードパーティーのモジュールを買いやがれ!!(2)
Randall/ランドールのRM100シリーズは絶対サードパーティーのモジュールを買いやがれ!!(最後)

パワーは100Wでパワー管 JJ EL34に、Scott Ian氏が絵をデザインし、設計はん伝説となるラックやブティックアンプの設計者かつビルダーのDave Friedman氏によるRandall MTSプリアンプモジュールからなるようです。

Google


「Malcolm」モジュール
MalcolmモジュールはScott氏がクラッシック系ロックのリズムトーンとして使うための仕様になっています。まさにロックのリズムの名プレーヤーに捧げたモジュール名になっています。



1987モジュール
1987はScott氏が最も使用するモジュールで、彼のJCM800や80年代後半のAnthraxで作っていた彼のトーンを再現した仕様になります。



Nutsモジュール
結論から言うと、このNutsは名前の通り絶対手に入れるべきモジュールかもしれません。といいますのも、このNutsモジュールが歴代恐らくは最もハイゲインなモジュールになります。



その他の特徴として、MIDI in/thru、Master Volume、Presence、Density controls、フロント・パネルから制御可能なParallel loopなどなど。シリアル・ループ、リア真空管バイアス部、Slaveアウト、3ボタン MIDI フットSWが含まれ、ワールドワイド対応な ACインプットセレクター(100/120/220/240)となります。

最後にキャビネットですが、4x 12" ストレート・フロント・キャビネットになりまして、x4 Celestion Heritage 30搭載です。最高級のバルティックバーチで筐体を製造しており、着脱可能なキャスターがついています。Scott Ianシグネーチャーのスティールグリルになります。



Anthrax's Scott Ian Heavy Guitar


Anthrax - Live Noize (Irvine Meadows Amphitheater 1991)



COMMENT 0