みんなのための4つの有名なMOD/ 改造 (1)

ちょっと良さげそうなので自分のエフェクターで改造してみたいと思っても、さてさてまず何をすればいいの?って方のための記事になります。その表題も  Premium Guitarさんの記事「4 Pedal Mods for the Masses」にあるように、「みんなのための4つの有名なMOD/ 改造」その1になります。

まあ、これで解決です。ここではニュージーランドの「Red Witch Analog Pedals社」の CEO兼 デザイナー長でもありますBen Fulton氏による、4つの有名なMOD/ 改造を通してのステップ-バイ-ステップな授業となります。

CEO兼 デザイナー長 Ben Fulton氏


あるタイプのエフェクターに対してですが、エフェクター改造の極意~既にあるエフェクターのある特性を変える、修正するプロセス~は良さげなエフェクターを魔法のように作り出すという夢のようなお話を実現できることにあります。まさしく未知の創造性への挑戦になります。

またMOD/ 改造という領域のもう一つの側面に、どうして完璧な改造キットがなんか必要なんでしょうね?というギタリストがいるのも事実です。どちらが、公平な意見でしょうかね?もっというと、その中間的な立場として初級のあるいはちょっとコツはいりますが中級クラスのMOD/ 改造に興味があるのでやってみたいかなぁという方もいることでしょう。

ということで、そんな初級のあるいはちょっとコツはいりますが中級クラスのMOD/ 改造に興味のあるみんなに今回の記事は掲載してみたいと思います。

これからご紹介しますMOD/ 改造はどれも、創造性の高いアウトプットになるようなものに限定していますが、大きく3つの種類に分けたいと思います。

  • Aesthetic MOD
    見かけを改善あるいは変更する改造
  • Tonal MOD
    まさしく機材のサウンドを変える改造
  • Structural MOD
    品質や信頼性を強化する改造

よくこういう記事の前に注意事項として、こういうのは書かざるを得ませんのでごめんなさい。このようなMOD/ 改造を1つかそれ以上採用するときには、是非試すかどうか決める前に十分に説明書を読んでください。ちょっとそういう改造を完全に行う自信がある方のみ実際に実行をお願いします。

ここに書かれた全てのMOD/ 改造は正しく行えば必ず完全に動作するものになりますが、MOD/ 改造して生じた破損・事故等は Premier Guitarさんでもこちらでも一切責任が持てませんので、自己責任でお願いします。また、もう一つの注意事項として覚えていて欲しいのは、MOD/ 改造しますとエフェクターに対する保証がなくなり、無効となってしまいます。


半田付けの復習
まず最初に大事なのは、半田付けです。これをなくしてMOD/ 改造は語れません。エフェクターを開けて内部の基板から配線や電子パーツの半田を取り除き、何らかの配線や電子パーツを半田付けすることになります。ですので、半田付けをしたことがない方は、エフェクターで直ぐにやって基板を痛めてしまう前に何らかの練習をする必要がありますかね。そのために、次のYoutubeの有益な動画「How and Why to Solder Correctly」と「How to Solder: Removing Solder.」がありますので、まずは見てみましょう。

MOD/ 改造のための道具
1. はんだこて/半田小手
(20~30W, 白光が大手でこて先のみも購入可能)
白光(HAKKO)半田ゴテセット 500

白光(HAKKO)半田ゴテセット 500
価格:840円(税込、送料別)

2. はんだこて/半田小手台
3. はんだ/半田(KESTER 44がお薦め)
4.はんだ/半田吸い取り線/ 吸い取り器

How and WHY to Solder Correctly


How to Solder : Removing Solder







COMMENT 0