あちら米国で話題の Samsung Galaxy2 の対抗機種ベスト5について

Samsungの Galaxy2凄いですね、Galaxyに引き続き売れていますね♪ ドコモでも、Samsungでも過去に最も売れた携帯じゃあないかとwww その Galaxy2の対抗機種があちら米国では議論がされており、今後のAndroid携帯の購入選択肢として参考にしたいと思いますのでご紹介です♪ その対抗機種ベスト5は以下の5機種になります。


メーカー モデル名 CPU OS
Android Ver.
RAM ディスプレイ 通信 カメラ
Samsung Galaxy2
2011/6/23

発売済
Dual
1.2GHz
2.3 1GB 4.3"
WVGA※1
AMOLED
3G 200M/800M
Samsung Galaxy Nexus
(Nexus Prime)
(Samsung製)
2011/12/2

発売済
Dual
1.5GHz
4.0 1GB 4.65"
HD※3
AMOLED
4G LTE 130M/510M
Google Nexus Prime
(Samsung製)
~2011/11
Dual
1.2GHz
or
1.5GHz
4.0 1GB 4.5"
HD※3
AMOLED
4G LTE 100M/500M
Motorola Droid Bionic
2011/9/8
発売済
Dual
1GHz
2.3.4 1GB 4.3"
qHD※2
4G LTE 800M
Photon 4G
2011/7/31
発売済
Dual
1GHz
2.3.4 1GB 4.3"
qHD※2
4G 800M
HTC HTC Raider 4G
(Holiday)
2011/9

発売済
Dual
1.2GHz
2.3.4 1GB 4.5"
qHD※2
LTE 4G 200M/800M
HTC Sensation XE
(Vigor)
2011/10/6
発売済
Dual
1.5GHz
2.3.4 1GB 4.3"
HD※3
3G 200M/800M
※1 WVGA = 480p、※2 qHD = 540p、※3 HD = 750p

各Android携帯の詳細

Google Nexus Prime by Samsung
Electronic Times 韓国版によりますと、「Nexus Prime」は恐らくは最初に Android 4.0 「Ice Cream Sandwich」が動作する機種であり、恐らくは10月に発売になるものとされています。Ice Cream Sandwichは Honeycomb (Android tablet OS)と Gingerbread (Android smartphone OS)を組み合わせた、いいとこ取りの特徴を持っているとされています。



さらに、最強のスマートフォンと噂され、プロセッサの周波数は1.2GHzか、1.5GHzか定かではありませんがデュアルコアの Snapdragonプロセッサ(Qualcommの Kraitチップ含む)に1GB RAMの仕様は期待されて当然のようです(Nexus Sでも1GHzでした)。何が凄いかと言うとこのKraitベースのSnapdragonプロセッサは各コアで最低でも2.5GHzの超高速処理の実力を持っており、従来のARMベースのCPUの100倍の処理とされています。

さらに、テクノロジー系ウェブサイト BGR(Boy Genius Report)によりますと、通信技術においても凄い特徴があるようです。次のNexusモデルには、完全に独占的にNexus 4Gをこっそり仕込んでくるということらしいです。また、CPUの選択肢としては、OMAP 4460、あるいは超低消費電力仕様の28nmプロセス版 Kraitベース Sanpdragonとなるとも報告しています。

このように、4.5"サイズの720p HD級の Super AMOLEDディスプレイ(Nexus Sでも4"でより低解像度でした)、4G LTE通信、1GB RAM、1080p HD級のビデオ・キャプチャーおよび再生機能、フロントは100万画素、リアは500万画素のカメラなども報告されています。


Google


Motorola Droid Bionic
Motorolaの Droid Bionicは、4G LTEもサポートしたスマートフォンの一つになります。この Motorola Droid Bionicはあちら米国では明日9/8に販売される予定です。
ちなみに、この発売日を Verizon Wirelessは Twitterにおいて公表しましたが、これこそ最強のスマートフォンだとかなり自信あるようです。但し、現在のところMotorola Droid Bionicの正式な仕様は確認されていないので噂されている情報をまとめてみましょう。

Motorola Droid Bionicも 4G非対応の Droid X2と同じ Android 2.3をOSとしていますが、ずっと大きなLiイオン・バッテリー(1930mAh)と、4G LTE対応な点が違うということです。噂では、4.3" あるいh 4.5" qHD(540x 960)級のディスプレイ、カメラは800万画素、CPUは 1Gb RAMで最適化された Texas Instruments OMAP4430 1.2 GHzプロセッサということらしいです。

さらに Droid Bionicは、Wi-Fi 802.11 b/g/n、DLNA、Wi-Fi hotspot(最大8デバイスまで、3G通信だと最大5デバイスまで接続可能)、A2DP& EDRテクノロジーを用いた Bluetooth バージョン2.1、microUSB バージョン2.0、タッチパネル、マルチ・タッチ入力方法、回転・加速度センサー、自動off対応の近接センサーなどなど。






Motorola Photon 4G
Photon 4Gは Sprintの 第7番目の Sprint ID対応のスマートフォンになります。Sprint ID対応ですと、数々のアプリケーション、ショートカット、ウェジェット、リングトーン、壁紙等が無料で入手できるようになります。但し、定額でないかぎりダウンロード中の通信費は掛かりますが、一度に5つのパックをダウンロードできます。

Motorola Photon 4Gも 4.3" qHD級タッチパネル(960x540)で、マルチ・タッチ入力方法、回転・加速度センサー、自動off対応の近接センサー、2GB ROM、WiFi、Bluetooth、800万画素カメラ、Android 2.3 OS (Gingerbread)、1 GHz NVIDIA Tegra 2 AP20H デュアルコア・プロセッサ、HDMIポートなどなど。

さらに Sprintの Photon 4Gはワールドワイドなスマートフォンで、国際GSMローミング対応や、企業では注目したいエンタープライズ仕様のセキュリティ機能、Motorola Atrix 4Gで提供されるWebtopアプリケーションなどなど。

びっくりなのは、これ Motorola Photon 4Gは Sprintから2年契約だと $199で入手でき、Amazon Wirelessでは新規契約で $99.99で提供されています。

Photon 4Gのレビューでも結構評判は良いようで、Engadgetはデバイスの評価 8/10とし、Samsung Galaxy2とほぼ互角な実力を持つとされていました。CNET UKでも 評価は 4.0/5と、これで Sprint Atrix 4Gが浸透していく可能性を示しています。


Google


HTC Holiday
このHTC Holidayは、Android初の 4.5" ディスプレイ採用になる予定のスマートフォンです。

最近のスマートフォンは4.3"は標準的になってきましたが、次の標準は この4.5"になるかもしれません。

恐らく、このHTC Holidayは 1.2GHzのデュアルコア Qualcomm Snapdragonプロセッサで、メモリは 1GB RAM、Android 2.3 Gingerbread OSだそうです。

さらに、4.5" qHD(960x540)ディスプレイ、800万画素カメラ、130万画素、HSDPA通信(~21Mbps)、HSUPA(~5.76Mbps)、Wi-Fi 802.11 b/g/n DLNAサポート、アドバンスBluetooth バージョン4.0、microUSB バージョン2.0など。

HTC Holidayは 2011/9初旬のAT&Tからの販売とされ、端末価格は$199~$249だそうです。




HTC Vigor (HTC Sensation XE)
現在シェア1位の Verizonは 4G LTEネットワークに積極的に投資していますが、 その4G LTE向け仕様として HTCのこのVigorは1.5GHzのデュアルコア・プロセッサーにするはず、ともっぱら噂されています。

恐らく HTC Thunderboltの後継機種になると予想され、4.3”のHD ディスプレイになっています。



HTC Vigorは、800万画素カメラ搭載、Android 2.3のOS、メモリは1GB RAM、16GBの内臓フラッシュメモリなどなど。

さらにはヒップホップ・アーティスト兼プロデューサーの Dr.Dre氏によるハイパフォーマンスヘッドフォンとして知られ、モンスターケーブル採用のあのビート・エレクトロニクス技術が搭載されると噂されています。



Beats Pro vs Beats Studio (Beats By Dre)




COMMENT 0