Catalinbread社から今度はトレブルブースター 「NAGA Viper Treble Booster」

まだ発売前ですが、Catalinbread社からトレブルブースター「NAGA Viper Treble Booster」をご紹介します。この「NAGA Viper Treble Booster」は大昔からあります超定番の Dallas Rangemaster社「Treble-Booster」を基にしたトレブルブースターになります。ちなみに、通常使われる「Naga Viper」とは新世界一辛い唐辛子(2011.2現在)だそうです、はい。



定番のこのRangemasterは、Tony Iommi、Brian May、Marc Bolanそして Judas PriestのKK DowningやGlen Tipton など多くのブリティッシュギタリストに影響を与えましたエフェクターです。これらのギタリストは、各々かなりユニークなスタイルを持っていますが、真空管アンプをジューシーで、倍音豊かなロックのトーンへブーストしてくれる Rangemasterの秘密を皆分け合って使ってきた方々です。

この定番の回路は基本的に1つの制御しかないブースターになるのですが、そういった意味では「Naga Viper」はこの定番の回路を基本にしつつも、さらに2つの制御系「Range」と「Heat」を追加した Catalinbread社バージョンといった感じになります。

  • 「Range」ノブ:オリジナルはトレブルブースターの機能しかもちろんありませんでしたが、この「Range」ノブにより古典的なトレブルブースターからフルレンジブースターへ連続的に変えることができます。

  • 「Heat」ノブ:「Heat」ノブはゲインレベルを調節できまして、オリジナルはゲインMAXでしたが、ゲインMAX以外にも調節可能です。

じゃあ、何故にトレブルブースターという紹介だったんでしょう? ちょっと厳しい質問ですね.... 要はオリジナルのトレブルブースターの機能だけじゃぁ、使い勝手が良くないかぁなぁ.... と多分考えたのでしょう。そこそこのボリュームレベルで特に今までのトレブルブースターじゃぁねぇということです。

もちろん単にEQ上でトレブル制御したのとは違いまして、トレブルのレスポンスを強化しています。その他にわずかな倍音の歪を加えつつ、より真空管アンプの飽和感が前面にでるようなプッシュ力を与えてくれます。もちろん、Naga Viperではこのブーストしたい周波数領域を「Range」ノブ制御で可変にできるというメリットがあります。

これまでのトレブルブースターの使い方は、既に十分歪んでオーバードライブしているブリティッシュアンプのMarshall、Laneys、あるいは Voxなどに直結する使い方です。十分歪んでいるアンプが前提ですので、これをフルレンジブースしてしまいますと、輪郭が甘くなった濁ったサウンドになってしまいます。なので、これらブリティッシュアンプで用いるエフェクターとしてはトレブルブーストだったのかもしれませんね。

あれ? じゃあ、なぜこの「NAGA Viper Treble Booster」があるのか?って疑問が沸いてきます。そうあの時代よりもう少し進んだ現代では、多くのギタリストが小さなコンボでこの大きなアンプの歪みをエミュレートするためにオーバードライブ・エフェクターを用います。

これと同じように、「NAGA Viper Treble Booster」はそこそこのボリュームレベルでもジューシーで、飽和感ありありのあの真空管サウンドを得るために、オーバードライブ・エフェクターをよりブーストするために注意深くEQを決めたエフェクターになります。なので、Dirty Little Secret MkIIや CB30オーバードライブと組み合わせて使うことを薦めています。

Catalinbread Dirty Little Secret DLS MKII v. Marshall 1959SLP Purple Plexi + Fuzz


Catalinbread CB30 Overdrive Pedal


catalinbread THE SILVER KISS MK2 [American Edition]

catalinbread THE SILVER KISS MK2 [American Edition]
価格:25,200円(税込、送料込)

【中古】Catalinbread Super Charged OD

【中古】Catalinbread Super Charged OD
価格:16,800円(税込、送料別)




COMMENT 0