Def Leppardのギタリスト Phil Collenの機材について

Premium GuitarのRebecca Dirks女史がDef LeppardのMirror Ball Tour 2011のバックステージにて、ギタリストのPhil Collen氏から彼の機材について教えて頂いています。Philは詳細に彼の多くの Jackson PC1ギターについて語り、さらにその後でどのようにFloyd RoseとSustainerピックアップを使うかデモンストレーションを行っています。

彼は基本はメイプルが好きらしく、ここにあるほぼ全てのPC1 Singature Dinkyは特注品や(モニタとして)借りているものが大半なようです。FenderとJacksonは同じ工場だとか、Sustinerはフィードバック時に必要とか説明しています。機材のモニタに使用してるのかiPadも見かけました

Rig Rundown - Def Leppard's Phil Collen


AC/DC - Back in Black by John Lee Turner and Phil Collen


Guitar
  • Jackson CP1 Signature



  • 最新の機器はJackson Supreme Model(マホガニー+メイプルトップ/メイプル指板/Sustiner)
  • PC1カスタムの機器(DiMarizoの2PU/エボニー指板)
  • Jackson 30th Anniversary(ペイントを飛び散らせたデザイン/日本語でフィルと書いてあるww)

ここでは説明していませんが、恐らくはパワーアンプはソリッドステートのRandallです。

Amp
  • 1980s Randall (Solid State) Power Amp RRM-2-250

Rack Effector
  • Digital Music Corporation フットコントローラー Ground Control
-------------------------
-------------------------

Phil Collen's Signature Jackson PC1


Rig Rundown - Def Leppard's Phil Collen




COMMENT 0