AOpenから、真空管を搭載したマザーボード!! 真空管はなんのため??

AOPEN社から、真空管を搭載したマザーボード(AX4B-533 TUBE)が実は約9年前から発売されています。まあ、Socket 478のPentium 4 Celeron用マザーボードなので今さらな感じですが、こういうのが最近のマザーボードではないのでしょうかね。6DJ8の軍仕様双3極管6922などが搭載可能なようですが、この真空管は何のためでしょうか?

1. 最新のIntel社の節電技術「エコ・ドライブ」用真空管。
2. とうとうPCに低ワットギターアンプが世界初で内蔵!!
3. もちろんオーディオ専用アンプのための真空管。
4. ムードが素晴らしい、真空管による照明。


答えは、3.のオーディオ専用アンプの真空管でして、どうやらヘッドフォン程度の出力があればいいのようです。確かに3極管を使った場合は歪率や周波数再現性など特性は素晴らしいのですが、十分な出力を得るにはやはり力不足なのでヘッドフォン程度の出力で割り切ったのはいいと思います。

AOpen AX4B-533 Tube Motherboard (Socket 478)




COMMENT 0