いよいよ、Guitar Rig Pro 5が登場です♪

Native Instrumentsから、いよいよ、Guitar Rig Pro 5が登場です♪ 130個以上の新しいプリセットと新しいアンプ・エフェクトが搭載され、全てControl Room Proでほとんど際限なく調節することが可能です。







新しいアンプとしては、EVHの5150 III?やSoldanoのHot Solo+の2つのアンプが加わりました。エフェクターも、Fast comp、Vintage Verb、Little Reflektor、Stereo Tune、Filterbank、Reschordの6つが加わっています。

2つのあたらしいアンプ:Van 51とHot Solo+
Van 51: スーパースターによるハードロックなどからのシグネチャ・サウンドが搭載され、ドロップ・チューニングやパーム・ミュートなどが優れています。
HOT SOLO+: クラシックなハンドワイヤードアンプで、オーバードライブの効いたサウンドです。表現力豊かな歌うようなソロで、ヘヴィーなサウンドが欲しい場合には、Hot Solo+がよいでしょう。

その他の15の至極のギターアンプ& ベースアンプ:
PLEX: クラシックなPlexiサウンドについては、もはや説明は不要でしょう。これはビンテージ・アンプ・サウンドで、これによりヒットしたレコードは数知れません。ブルースやロックのための究極のクラシック・アンプです。
HOT PLEX: クラシックなPlexサウンドは皆好きだとは思いますが、このゲインの効いたサウンドも聞いてみてください。大きくディストーションをかけており、あなたのビンテージ・サウンドが今までにないサウンドになります。
COOL PLEX:心温まるクリーンなビンテージ・サウンドをご所望であれば、これ以外にありません。Cool Plexはレトロなサウンドにソウルを加え、透明感があり、なおかつ太く、カリスマ的なサウンドにすることができます。
LEAD 800: このスムーズで、しかも緊迫感のあるリード・サウンドはナイフのように鋭く突き刺すようなサウンドで、しかも、高い柔軟性を兼ね備えています。Plexはファットなリズム・サウンドですが、Lead 800はより明るく、エッジーなサウンドです。
JUMP: JumpのサウンドはLead 800よりも控えめなサウンドです。ゲインは少し抑えていますが、スムーズで、歌うようなリード・サウンドです。これは英国のアンプで良く聞かれるサウンドです。
AC BOX:AC Boxでは英国のポップ音楽の有名なサウンドを作ることができます。ユニークなテイストを作るだけでなく、素晴らしいチャンネルを追加した魔法の回路となっています。
CITRUS: 色々なテイストがついている70年代のブリティッシュ・サウンドを欲しいのであれば、Citrusアンプがまさにぴったりです!マスターとゲインをコントロールすると、非常にクリーンなものから粗いディストーションまで様々に変化します。
HIGH WHITE: David GilmourやPete Townsendなどのブリティッシュのシグネチャ・サウンドが欲しいですか?そうであれば、High Whiteを試してみてはいかがでしょうか?
JAZZ AMP: Jazz Ampは暖かい、クリーンなサウンドを作り出します。このサウンドの要の部分はEnsembleエフェクトで、これでコーラスとビブラートを追加できます。結果として、EnsembleがJazz Ampへ搭載されます。
GRATIFIER: Gratifierはチューブ・パワー・アンプを搭載した有名なマルチ・チャンネルのソロ・ヘッドをエミュレートしています。4つめのチャンネルが追加され、クリーンなサウンドから激しいディストーションまで様々にサウンドを変更することができます。
ULTRASONIC: 最先端を行く、超ハイゲインな、格好いいアンプをお求めですか?それであれば、Ultrasonicがいいでしょう。2チャンネルのアンプに、欲しいと思っているあらゆるモダン・サウンドが入っています。
TWANG REVERB: Twang Reverbは数十年前のクラシック・アンプの豊壌なチューブ・サウンドをシミュレートしています。叫ぶようなブルース・リードやクランチの効いたリズム・ギターと個性的なクリーン・サウンドを求めている方には理想的です。
TWEED DELIGHT: Tweedのようなアンプは他にはありません。このアンプは、アメリカの伝説的なアンプをシミュレートしており、透明感のあるクリーンなサウンドからブルース調の叫ぶようなサウンドを作ることができます。しかもこれがたった3つのコントロール・ノブでできてしまうのです!
TWEEDMAN: Tweedmanの手本となっているアンプは当時ベース・アンプとして設計されましたが、現在ではクラシックなギター・アンプとして使われるようになっています。もちろん、当初の意図されていた目的と同じぐらい素晴らしいアンプとなっています。
BASS PRO:このベース・アンプはざらざらした、うなるようなサウンドを出し、ミックスの中でベース・サウンドを際立たせます。独特なサウンド・クオリティに加え、グラフィック・イコライザーによる正確なサウンドの調節が可能です。
標準的な設定の他に、各アンプには、サウンドに大きな影響を与える"Expert Parameters"があり、これには電源 (50/60 Hz)、"Variac"(電源の電圧を減少させる)、"Response"、さらにチューブのバーチャルな"aging"があります。これは、機材マニア、サウンド・フェチの方には素晴らしいサウンド微調整となるでしょう。

6つのあたらしいエフェクター
Fast Comp: 暖かいビンテージ・スタイルのコンプレッサーです。クリーンなサウンドに適しています。
Vintage Verb: 8つの異なるクラシック・プレートとスプリング・リバーブを再現。レトロ趣味のものだけでなく、特徴的なサウンドを追加するのに適しています。
Little Reflektor: 高度なコンボリューション・リバーブで、8つのインパルス・レスポンスとディケイ、ローカット・コントロールが付いています。
Stereo Tune: ステレオ・イメージを広げ、デチューンし、太いサウンドとデチューンされたエフェクトが得られます。
Filterbank: 8バンド・フィルターでサウンドを劇的に変化させます。グローバル・フリケンシー・シフトとストレッチ・パラメータを搭載しています。
Resochord: ノートをコードに変えます。6ポール・ハーモナイザーできらめくようなサウンドやサイエンスフィクションのようなコーラスが得られます。

COMMENT 0