スマホのバッテリーの減りが早いことへの対策について

まず、スマホのバッテリーの減りが早いことに対する対策を簡単に済ませたい人は以下の5つを実施してください。かなり違います。もう少し詳しく知りたい方はこれ以降の説明を読んでみてください。

その後、約1年スマホ使用して辿り着いた対策を公開しますが、前提として私の場合はスマホ複数をWi-Fiルーターのみの経由でネット接続し、電話・メール専用スマホとSIMなしのネット専用スマホです。その場合のSIMなしのネット専用スマホの設定です。これで朝夕の通勤での使用のみ位だと2~3日位持ちます。

  • [1. DoCoMoの場合はバックグラウンドデータ機能 Off (ダウンロード時のみOnする)]
  • [2. DoCoMoの場合は同期機能 Off (常時off)]
  • 3. 位置情報サービス(GPS)機能 Off (使用時のみOnする)
  • 4. Bluetooth機能 Off (常時off)
  • 5. 機内モード On (電話使用時のみOffする) ->3G無効にしたので結構効くような

  • Wi-Fiルーターのみの経由でネット接続しているので、結局はWi-Fi機能 Offは現実的でないので設定offはしていません。
  • 6. Wi-Fi機能 Off (使用時のみOnする)

ということで、ここからが本題ですが、まずこちらApple社のバッテリー対策に対する各種の設定の考え方を「アップル - バッテリー - iPhone」でメーカーの立場から丁寧に教えてくれています。これ非常に便利ですね。

  • 4. 画面の明るさを調節する (バックライトのバッテリー消費は全体の約1/3程度)
  • 5. 兎に角プッシュ機能 Off (この機能がある場合には特に困らなければOffする)
  • 6. iPhoneなら機内モード On (サービスエリア外で効果あり)
  • 7. iPhoneなら音楽用のイコライザ機能 Off
  • 8. iPhoneなら3Gネットワーク機能 Off

ちなみに、この対策をしますとLTEスマホ& 液晶ディスプレイのため持ちが悪いと評判のGalaxy Noteも私の場合には通勤で使う位ですと、途中の昼休みの充電もしましたが2日半ほど持つので日常的な使用では全然問題ないです。



COMMENT 0