携帯各社のパケット使い放題時の月額料金で他を圧倒するiPhone専用プラン

表題にあります、各社のパケット使い放題時の月額料金がなぁ~んかよく分からないと思っていたのですが、最近の日経 TRENDY (トレンディ) 2011年 05月号 [雑誌] を見ててこれはいい!という記事がありました。

日経 TRENDY (トレンディ) 2011年 05月号 [雑誌]
 


それを見てみますと、「各社のパケット使い放題時の月額料金で他を圧倒するiPhone専用プラン」という見出しで分かりやすく各社の料金比較が出ていましたのでご紹介します。

これはある意味自分のために整理した記事になります。これを見て今後の携帯を選んでいきたいです♪ iPhoneかドコモのスマートフォンか、どうなることやら。

確実にいえるのは、通信料だけでもiPhoneがダントツで、さらに実質携帯端末もゼロ円なのでお値段だけ考えるとiPhone以外あり得ない感じです。

(残念ながら本誌が発行された翌月の5月に本プランは廃止されました)しかし、Android携帯も気になる、あるいは購入したいという方は、恐らくはソフトバンクのAndroid携帯用のパケットし放題MAXが、ヘビーユーザーではない限りは他社よりも圧倒的に安くなる可能性大です。それもそのはず、他社の下限額が通常10万パケット(約13MB)程度をカバーするのに比べると、ソフトバンクは下限額でも約712万パケット(約870MB)まで通信可能になっています。

DellからSoftbank携帯のDell Streak出ました♪ QulacommのCPU + GoogleのOS Android オールUSAです。

(残念ながら本誌が発行された翌月の5月に本プランは廃止されました)つまり、ソフトバンクの下限額は他社に比べて圧倒的な通信量まで下限額になるためです。例えば、これはYoutubeなら約100分、ウェブ閲覧なら1500回程度(トレンディネット閲覧時)も利用しないのなら5280円で済みますので。

但し、注意が必要なのはソフトバンクの係りの人もあまりのコースの複雑さに着いていって折らず、各コースの説明が熟知していないのか要点が掴めず非常にヘタです。この表を見て初めて納得できました。

また、ドコモ等で当たり前な気軽なコース変更がいつでもできることが、ソフトバンクは加入時に決めら以降一切変更できません(これは最近変えられないシステムになったようで、これまた混乱の原因です)。ですので、まずは使ってから変えればいいじゃんということができませんので、ソフトバンクの場合にはフラット以外のコースの選択は慎重に行う必要があります。

各社のパケット使い放題時の月額料金比較一覧
キャリア名
NTTドコモ
au
ソフトバンク
イー・モバイル
月額
パケット
料金
プラン名
パケ・
ホーダイ
フラット
パケ・
ホーダイ
ダブル2
ISフラット
ダブル
定額
パケット
し放題
フラット
パケット
し放題※1
スマート
プラン※2
スマート
プラン
ライト※2
定額
5460
-
5460
-
4410
-
4580
-
上限額
-
5985
-
5985
-
4410
-
4980
下限額
-
(2100
円)
-
(2100
円)
-
(1029
円)
-
(580円)
メール・ウェブ
付加使用料
など
spモード
(315円)
IS NETコース
(315円)
S!ベーシック
パック(i)
(315円)
EMnet(315円)
アシスト1200
(1200円/24ヶ月)
通話プラン
(基本料金)
タイプシンプル
バリュー バリュー
(780円)
プランE
シンプル
(780円)
プランSS
シンプル
(980円)
ホワイトプラン
(980円)
プランに含まれる
パケット使い放題
時の月額料金
(合計)
(携帯割引含まず)
6555円
(フラットプラン
利用時)
6555円
(フラットプラン
利用時)
5705円
6095円
(フラット
プラン
利用時)
※1:for スマートフォン(但し、残念ながらパケットし放題MAXは5月に廃止:下限額でも約712万パケット(約870MB)まで通信可能で、他社の下限が通常10万パケット(約13MB)なのに比べると圧倒的な通信量でも下限でいい場合が十分あった。これはYoutubeなら約100分、ウェブ閲覧なら1500回 程度(トレンディネット閲覧時)も利用できるプランであった。 )
※2:シンプルにねん利用時



COMMENT 0