注目の11人の女性ギタリスト特集♪

こちらGuitar Museの記事「Monday Fun: 11 Great Female Guitarists」から、11人の注目女性ギタリストをご紹介します♪ こう見てみますと、結構Jazz Masterより小ぶりのJaguarだったり、ネックの太くないPRSだったりを使っている女性や、アメリカだとやはり演歌歌手(=カウントリーミュージック)系が多いと思うのは私だけでしょうか?

Fender Juguar
 

PRS Custom 24
 

  • 1. Orianthi
    ご存知だと思います、PRS弾きのあの女性ギタリストです。Steve Vai氏、Carlos Santana氏、Michael Jackson氏、Carrie Underwood女史と、みな認めたその実力と美貌は「天は2物を与える」的な存在です。

  • 2. Ana Vidovic (クラッシックギター)
    これはもうクラッシックギター界のお姫さま的な存在です。しかし、それ以上に5歳から始め、ライブは1000回を超えると言う実力派。


  • 3. Lita Ford
    ご存知ガールズバンド「Runaways」のリード・ギタリストで、最近はマネジメントの采配をSharon Osbourneが振るっているようです。そのためもあってOzzy Osbourneとの共演も多数あります。

  • 4. Jennifer Batten
    実はOrianthi女史よりもずっと以前にMichael氏と共演し Beat Itのソロを初めて弾いた女性がこのJennifer女史です。その他にもJeff Beck氏と共演したりとギターテクニックはOrianthi以上に上手いです。

  • 5. Marnie Stern
    2007年にデビューしたちょっとユニークな若手女性ギタリストでして、フィンガータップは芸術の域に達していまして、ちょっとパンキッシュなサウンドが光っています。

  • 6. Nancy Wilson
    ご存知バンド「Heart」の女性ギタリストで、アルバムも60を超えるためかあちらアメリカで聞いたことがない人はいないと思います。


  • 7. Bonnie Raitt
    90年代に有名になった典型的なアメリカの演歌歌手(=カントリーミージシャン)でして、このBonnie Raitt女史のシグネチャーストラト(Fender Custom Shopで200本限定の「Bonnie Raitt Model」)がある位に人気の高い女性ギタリストです。

  • 8. Joan Jett
    この方もガールズバンド「Runaways」のボーカル兼ギタリストでして、映画ではKristen Stewartさんが演じた役です。やはりバンドのメインの顔だったのもあってその後もヒット曲も数多く出しています。Aerosmith、Queen、Policeとも一緒にツアーを回ったこともあります。彼女はRock& Roll分野では幅広いスタイルでギターが弾ける女性ギタリストと言った感じです。こちらも「Joan Jett Blackheart Guitar by Gibson」というGibson Melody Makerのシグネーチャーモデルがあります。

  • 9. Liz Phair
    こちらの方も典型的なアメリカPOPの歌手& ギタリストですが、決して癒し系のギタリストという訳でもないです。


  • 10. Jewel
    Jewel女史はこの中では最も若手ギタリストですが、9つのアルバムに、7つの著書に、Extreme Home Makeoverのゲストデザイナーだったり、あちらアメリカのTVでは非常によく見かける方です。超引っ張りだこの人気者です。


  • 11. Sheryl Crow
    この方は演歌歌手(=カントリーミュージック)の大御所です、はい。さらに言うと、Micheal Jackson氏、Eric Clapton氏、Stones、Sting氏、Kid Rock氏、Don Henley氏、その他多くのミュージシャンがその美貌もあってか共演しています(したがるほどですwww)ています。



COMMENT 0