復興へ「消費増税やむなし」か? 第2次補正予算案は20兆円。。。



そうです、こういうことをしている限り、この国の国民は苦しむべきです。こんな日本にしたのは結局は我々なんですから、自分の尻拭いは自分でするしかないんです。

民主党に投票したのは我々でしょう?国のように他人に転嫁するのではなく、自分のこととして捉えて下さい。

東京電力の社長や、その他従業員の皆さまも、たまたまこの時期に就任あるいは就職していたとは言え、恐らくは戦争以外では日本人で最も日本に対して損害を出させた人間として子孫代々まで語り継がれることになると思います。その事だけは肝に銘じておくように。


Google
ロイターブログの討論×闘論 ニュースに一言!で伊藤氏が投稿した内容について、今かなりのコメントが寄せられています。

「東日本大震災からの本格復興に向けた第2次補正予算案は20兆円に限りなく近い規模になりそうだ。

復興に限定した臨時特例国債(赤字国債)の発行は避けられず、償還財源は増税、つまりは消費税率の引き上げがやむを得ないとみられている。

被災された皆さまが1日でも早く元の安心した生活を取り戻せるような予算案を国会で成立させることを与野党ともに急いでほしい。」

小さい頃はよかったなぁ、今程便利でも物が何でもすぐ買える訳でもなかったですが、皆楽しかったように思います。何にも考えずに毎日楽しく、世の中ももっと幸せだったように思います、あの頃に帰りたいです。。。。東京電力の社長、管総理、あなたの小さい頃の自分に今の自分をどう説明しますか?

美空ひばり - 川の流れのように




COMMENT 0