Mad Professor Stone Grey Distortionがとうとう出荷です♪

さてさて、またMad Professorから新しい製品「Mad Professor Stone Grey Distortion」が出荷開始したようです。ちなみに、あのBJFE Custom Shopがデザインしたと公式サイトにも明記ありまして、どうももっぱらBJFE Custom Shop Cliffhanger IIがベースじゃないとかいないとか、期待が持てそうです。

(※現在は誰でもご存知のブティックペダルメーカー「MAD PROFESSOR」さんですが、その設計を手がけるのがBjrn Juhl氏になります。そのBjrn Juhl氏本人によるブランドがBJFEですが、カスタム生産で納得のいくもののみのためか、生産台数も非常に少なく、海外でも即売り切れの超人気ペダルです。)

この「Mad Professor Stone Grey Distortion」はモダーンなハイゲイン・ディストーションでして、他に例を見ない程音に透明感があり、1弦1弦を明確に表現できる程音の輪郭がしっかりしています。それもそのはず、ハイゲイン向けとして開発されたので、ヘビーデイストーションで重要な透明感を意識していたからのようです。

また、「Mad Professor Stone Grey Distortion」は刃のように鋭いダイナミックスとハイゲインを持っていますが、ドロップチューニングや7弦ギター、あるいは現代的なロックをプレーするギタリストにとって、エクストリームなゲインは出しつつ、1弦1弦毎に表現ができるだけの分解能があるエフェクターを望んでいたと思います。

他の多くのハイゲインのエフェクターはぐちゃぐちゃになってしまいますが、ますコードや1弦1弦の音を弾いて聞いて見てください。違いが分かるかと思います。 一方、ゲインダウンしますとこの「Stone Grey Distortion」はオーバードライブのようなテクスチャーとなり、他のMad Professorエフェクターと同様にピッキング・ニュアンスやダイナミックスでギタリストに応えてくれます。

NAMM 2011: Mad Professor STONE GREY DISTORTION


最後に、この「Mad Professor Stone Grey Distortion」のオリジナルとなった、BJFE Custom Shop Cliffhanger IIをご紹介します。これも最高にいい音でしょう♪

BJFE Cliffhanger 2 into HIWATT DR 103


Bobby Devito demo BJFe Cliffhanger II distortion v. Dyna Red

COMMENT 0