今度はPerri Ink. Custom Guitarsからストラトキャスター「Protostar」

こちらGuitarNoizeさんの記事「Perri Ink. Custom Guitars」から、Perri Ink. Custom Guitarsの「Protostar」をご紹介します♪

このPerri Ink. Custom Guitarsの設立者Nick Perri氏は バンドShinedown、Perry Farrell、Silvertide、Matt Sorumなどの元リードギタリストだった方で、現在もSINAIで活躍中のギタリストです、はい。その彼が万全を期して立ち上げたのが彼自身のギター会社である「Perri Ink. Custom Guitars」になります。ということはですよ、現役のギタリストが立ち上げた会社ですので、Nick氏は何が大事で、何が大事でないかを知っていますし、売る前に何度も試奏することもできます。

次に、Nick氏は各パーツを新たに自分で作るのではなく、彼は賢くもこの業界で最も優れた会社とパートナーを結びまして、彼のカスタム仕様のパーツを供給してもらい、これらを最後に彼自身の会社で組み立てることにしているようです。パートナーとしては、実は我々がよく知っているWarmoth、FloydUpgrades.com、RS GuitarworksやSeymour Duncanと聞きますと、品質には期待が持てそうです。つまりは、業界で最も品質のよい最高のパーツを使って、しかも彼のカスタム仕様なパーツで組み立てることで、それを全部作るための設備コストが削減できたことになります。

Protostar - Dirty Demo by Nick Perri


Protostar - Clean Demo by Nick Perri


ギターの仕様としては一部カスタムオプションやエンハンスメントがありまして、例えばギタートップに有効化されているかどうか分かるよう青色LED付きの内臓クリーンブーストはかなり目立ちます!さらにFloyd Roseトレモロも通常のFloyd Roseではなく、フローティングブリッジですが、EVH D-Tuna搭載のアップグレード仕様なFloydUpgrades(FU)ですのでドロップDチューニングも瞬時にできるようになっています。

また、それで、また、あなたが外にそれのただねじを抜いて、飛び出させて、ねよければ不幸バーの下部をアーレンキーかレンチにプレスト組み込みます! あなたは二度とアーレンキーをなくさないでしょう、アダムReiverからの簡単な、しかし、輝かしい考え、そして、もちろんまたそれが含むFU橋であり、エキストラのための真鍮ブロックとスプリング鉤爪は支えられます。

また、アーレンキーやレンチはワーミーバーの下に内臓できますので、ネジを緩めて取り出せばOKです。これでアーレンキーをもうなくす事もなくなりますが、Adam Reiver氏が考えたグッドアイディアのようです。もちろんFUブリッジにはブラスブロックやサスティーン強化のためのスプリング工具もあります。

「Protostar Standard」は既に発売されており、約22万円でここ「Perri Ink. Guitars 注文」から注文可能です。

Nick Perri氏が「Perri Ink. Guitars Protostar」を組み立てている動画があるようです。どうも、ギターの材料や形、RS GuitarWorksによるカスタム回路を組み込んだ最終組み立てを紹介しているらしいです。それと同時に、このFloydUpgradesのトレモロはそんなに心配しなくてもそんなに特別なものではなく、気軽に使えることもまた説明しています。

Tremolo talk & String change by Nick Perri

COMMENT 0