NAMM 2011: Fryette Amplification(旧VHTアンプ)から エフェクター「S.A.S.」と「Boostassio」

こちらFryette Amplification(旧VHTアンプ)から S.A.S.とBoostassioという真空管駆動のエフェクターをご紹介します。まず、恐ろしく低ノイズで、高出力な内部トランスファーとTung-Sol EF86 5極真空管採用でして、もう少し詳しく見ていきましょうね。値段は$199となっています。

S.A.S.(Distortion/ Volume、Gain、BIAS)
画期的な5極真空管による駆動方法を導入し、可変バイアスの真空管設計にしたものがこの「S.A.S.」でして、どんなシャープなクリーンブーストから完全に開放された極上のストラトを楽しめます。真空管EF86は最高の特性と並外れたゲインを得るために選ばれたようです。



Boostassio(Overdrive/ Volume、BIAS)
これも独特な5極真空管を用いた、可変バイアスの真空管設計なのがこの「Boostassio」でして、こちらは「S.A.S.」とは対照的に完全に透明感のあるクリーンブースとから低ワット数アンプでの卒倒寸前のトーンまでを再現します。真空管EF86は、とんでもなく出るプレゼンス、絶妙のゲイン、さらに超静かな動作のために選ばれたようです。



NAMM '11 - Fryette Amplification S.A.S Distortion & Boostassio Boost Pedal


NAMM 2011 Steven Fryette S.A.S.& Boostassio + Fryette Memphis 30アンプ

COMMENT 0