「矜恃」という意味について ~ 渡辺謙主演の沈まぬ太陽 ~

皆さんも、今日見たかもしれませんね「沈まぬ太陽」。その中で使われてはいませんが、「矜恃」という言葉が絶えずこの映画には付いて廻っています。正直私もこの映画が出来た時に恥ずかしながら知った言葉ですが、日本にはまだこういう素晴らしい言葉が残っているんです。



といいますのも、この作家の山崎豊子先生(あの「白い巨塔」もこの山崎先生です)は、「『矜持(きょうじ)』を映画人が受け止め、そしてそれをまたテレビ界がしっかり受け止めて、この作品をそのまま届けようとしてくださいました。テレビ制作陣の『矜持』を感じています」とコメントしています通り、作家自身が本映画のテーマとして「矜持」を上げているからです。

  • 矜恃(矜持):
    自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド
  • 矜:自負する、ほこる(場合により、あわれむ)
  • 恃:力にして頼りとする、たのむ

映画版「沈まぬ太陽」TVCM


このモデルとなった○AL(○本航空)はあれだけ、皆が憧れた企業イメージとは裏腹に腐敗した企業体質から抜け切れず会社更生法の憂き目に。いつのまにか、ゆで蛙になって今までやっていることが当たり前な考え方から抜け切れずに、時代の流れについていけない、ある意味今のほとんどの日本の会社も同じような状況かもしれませんね。



私も色々と海外に行き、生活してきましたが、海外に行けば行くほど日本が好きになりますが、一方で日本の悪いところも色々分かっているつもりです。そういった意味で、悪い点は意識しつつも日本の優れたところは誇る気持ちが一般の方よりは強いのも確かです。そういった点、日本以外のアジア諸国の方が「矜持」持って海外で生きている方が多いのも事実です。

まあ、今さら自分の悪い点はなかなか直せませんのでまずは自分の優れた点を生かせるように、そのためにももうちょっと世界も見てがんばって頂ければと思っちゃいます♪アメリカでは良いものは良いと言える文化、時代とともに考え方も変わることを受け入れる前提のコモンローの文化があるため強いです。「武士は食わねど高楊枝」とはいいませんが、ちょっとだけでも変わればどうなるか? 自分が変われますwww そして太陽(日の丸)も沈まないと思います。


 【中古】DVD 沈まぬ太陽

 【中古】DVD 沈まぬ太陽
価格:3,430円(税込、送料別)

COMMENT 1

井上  2011, 02. 11 [Fri] 23:57

「沈まぬ太陽」の原作者・山崎豊子さんにインタビュー

「沈まぬ太陽」の原作者・山崎豊子さんにインタビューさせていただいたことがあります。お時間があるときにでもお読みいただければ幸いです。m(_ _)m
http://ameblo.jp/kokkororen/entry-10796132024.html

Edit | Reply |