Hiwatt もTubeSyncのDIVO技術を採用 ~パワー管の自動バイアス技術~

まあ、何となくセンスのある方は皆このTubeSyncに注目し始めましたね。こちらで日本で初めて詳細を丁寧にご紹介させて頂いてから、あっという間に色んなところでいろんな方が書き始めていまーす。(唯一私より日本で簡単に触れられていたのはこちら「guitars.grrr」さんでしてたが)

NAMM 2011: Orange Ampsが真空管の自動バイアス技術DIVOを採用 ~真空管のバイアス調節を最適化~

ということで、このDIVO技術の重要性を日本で初めて指摘させて頂いたこちらで、どんどんご紹介していきます。こういうグローバルで普通に皆知っていることを日本もちゃんと知るべきですし、知るチャンスを本来は日本の業界がどんどん自分達で行わないとダメなんですが、日本は遅れています。。。。



既に、私が調べただけでもOrange Amps、Hiwatt UK、Volt Amplifiers、Wienbrock Amplifiers、Audio Kitchen Amps(ベースアンプのみ)、Mitch Laddie氏のMesa/Boogie F-50が採用したようですので、まあ次の題材は古くはThe Who(UK)Killers(UK)、新しくはArctic Monkeys(UK)Coldplay(UK)The EnemyがユーザーのHiwattアンプからです。

Hiwatt Launches TubeSync - TubeSync Equipped Custom 100 Head


例えば、Mitch Laddie氏曰く、このシステムの導入で何となくではなくはっきりとした変化が現れたそうで、特にレスポンスとトーンが10倍くらい改善されたように感じるとの事で、具体的にはローからミドルにかけて非常にタイトで、分厚く、全てにおいてパンチ力が増したとの評価です。

Tubesync-does-it-Hayden at Musikmesse Frankfurt 2010


KBO DynamicsのTubeSync開発ストーリー

KBO Dynamicsの共同設立者兼開発者のAndy Fallon氏とColin Arrowsmith氏は、実は彼ら自身はギターを弾く趣味はなくAndyは自動車や軍事関係の技術者、Colinも電子工学や真空管のエキスパートでした。が、彼らなりに自分達の経験を元に何度も何度もブレインストーミングを繰り返し試行錯誤を経て一心不乱にこの「真空管マネジメント・システム」キット開発に取り組んだ結果として、まずWhite Stripes、The Who、そしてBlack Sabbathがこのキットを使ってくれることに成功したようです。この大物アーティストの採用を受け、多くの主要なアンプメーカーがどうも興味を一斉に持ち始めたようですね。

ある程度の仕組みはこちら「NAMM 2011: Orange Ampsが真空管の自動バイアス技術DIVOを採用 ~真空管のバイアス調節を最適化~」でご説明していますが、真空管アンプのパフォーマンスをモニターしているため、例えば真空管の異常加熱など色んな問題も回避する工夫がなされています。そのために、実は2年前の2009年には「Durham and Wearside heat of the nebusinessawards 2009」でイノベーション賞を受賞しています。

その際の結論は、真空管アンプは確かに最新技術に基づく製品でなく、戦中に開発されたブラウン管TVやラジオに使われた既存技術を用いているだけで、実は70年代にはその技術も廃れたものだと。なので、そんな真空管アンプを再度、自然なサウンドを好むオーディオ& ギターアンプ市場のハイエンドユーザーの力を借りてメスを入れて、温かで柔らかなトーンを目指したということです。

が、結論はサウンドは変えないだったそうで、その理由は兎に角縁の下の力持ち的に粛々と真空管アンプの問題を絶えずモニタリングして探し、発見したら(事前に対処して出力トランスファーが逝っちゃうような致命的な故障にならないよう)それを解決する、兎に角1つ位真空管が逝っちゃってもアンプからの出力は問題なく出力できるように真空管をマネジメントする、あるいは単に真空管を買ってメーカーに頼まなくてもそのまま挿せば問題なく動作する、それが求められているものだったとの結論に達したからだそうです。

KBOはコンセプトのよさから数千万円の資金を得ることに成功したのも、この開発が成功した理由だったようです。何故ならこの開発に、彼らは市場で入手できる部品を用いたものの売りとなる独自なアルゴリズムの完成に1年半の時間と3000万円弱の開発費が掛かっていましたので。ちなみに、既に特許もまもなく取れる?ようで、似たような製品はないと自信満々なようです。

「We don’t think there’s a similar product to this on the market and we’re hoping to receive a patent in the next couple of months.」

COMMENT 2

-  2011, 01. 22 [Sat] 21:28

早く日本にもTubeSyncServicePointsができてほしいですね。。。

Edit | Reply | 

けたまん  2011, 01. 23 [Sun] 02:13

Re: タイトルなし

恐らく、TubeSyncを提供するKBO Dynamics社自体はエンジニアが中心の小さなベンチャー企業みたいなので、ワールドワイドな対応はTubeSyncを採用した各アンプメーカーにお願いしているかもしれませんね。その中でもOrangeアンプが早くも他社アンプへ搭載可能なキットの販売を対応したみたいですのでOrangeアンプかもしれませんが。

> 早く日本にもTubeSyncServicePointsができてほしいですね。。。

Edit | Reply |