NAMM 2011: Zoom G3 ~フルデジタル処理 + 3xフットSWによるエフェクターon/offのアナログ感覚~

NAMM 2011でZoomからいよいよZoom G3がお披露目です~マルチエフェクター& アンプシミュレーターということで、USBオーディオインターフェースもありまして非常に低価格の割には使えるクンでないでしょうか~学生にはもってこいの逸品です。

【続報2!!】 Zoom G3 Guitar Efffects& Amp Simulator ~ 13アンプ・モデル + 94コンパクト・エフェクト ~
【続報!!】 Zoom G3新製品発表会 SHARA(アースシェイカー)が「G3」を試奏!!

既にかなり解説がされていますので、これを見る価値がちょっとはあるようにNAMMのデモ動画のレポートからも情報を引き出してご紹介します♪意外と皆さん英語だから引き出せてないので、私が分かる範囲でお伝えします。


Google


さてさて、どこもこれさえ説明していませんが登場時期はといいますと今年2011年の6月頃までには登場だそうで(厳密には2011/2Qとありますから2011/4~6月)、市場での値段は約1.7万円($199)だそうです♪ 完全なデジタルプロセッサ処理ですがアナログ的な使用感が分かりやすく、大きな液晶画面とそれに対応したフットスイッチが3つあり、各1つ1つがエフェクターに対応し、フットスイッチで各々独立でon/offでき、この3つ同時に使えます。

これはライブでも使えそうな直感で分かるマルチエフェクターです(しかしG2.1Nuにあるようなエクスプレッションペダルはまだありませんので、それも付いたのが欲しい方はその後の後継機まで待ち?ですかね♪)。



Sweetwater NAMM 2011 - Zoom G3


肝心の音作りについては、100個以上の豊富な内臓DSP効果を使用して最大100個のオリジナルなトーンレシピが制作・記録できます。その他にもオンボードのドラム機能に、最大40秒の内臓ループ機能と練習に活躍そうな機能もあります。

Google


しかもしかも、G3にはUSB/ ステレオフォンジャックL/RにさらにXLR出力!がありますのでスタジオでも便利かもしれません(前回のG2.1NuはUSB/ ステレオフォンジャックですのでかなりの前進です!)。しかーも、Zoom独自のEdit& Shareプリセットソフトウェアーに今度はSteinberg社のSequal LEレコーディングソフトウェアー!が付属するということでコンピューターに繋げるだけでさらに便利に、宅録時の活用の幅がうんと広がります。

G3



G2.1Nu



  • どんなアンプとエフェクター効果も組み合わせ可能
  • 有名アンプのモデリングは、アンプ、キャビネット、マイクを個別にシミュレーション可能
  • 100以上の内臓DSP効果
  • 最大100個のオリジナルトーンを制作・セーブ可能
  • DAW録音用途のUSBオーディオインターフェース(Apple& Windows)
  • Edit& Shareソフトウェア、Steinberg Sequal LE レコーディングソフトウェア付属
  • 4AAバッテリー(6時間以上稼動)、USBバス、AC電源対応

Zoom G3 Video Demo [NAMM 2011]




COMMENT 0