Marshall同士の対決!! 限定生産 Slash AFD100 v. 限定生産? Yngwie YJM100 (2)



さてさて、こちら「Marshall同士の対決!! 限定生産 Slash AFD100 v. 限定生産? Yngwie YJM100 (1)」に次き、今度はNAMM 2011で発表された限定生産の「Marshall YJM100」でして、生産台数も、お値段も未だ未確定な部分が多い 17.5万円弱(£1515)、1500台限定ということですが「Marshall YJM100」のご紹介です。



Marshall YJM100 Yngwie Malmsteen Signature Valve Amplifier Head

こちらもご存知Yngwie仕様のYngwie Signature 100Wアンプでして、「Marshall YJM100」になります。 こちらもヴィンテージなトーンとそのルックスのバランスが絶妙でして、まあMarshall YJM100をフロントから見ますと惚れ惚れしてしまうヴィンテージな面構えです。しかしMarshall YJM100をリアから見てみますと何ともモダーンな仕様になっていまして「plug in and play」なレコーディング、あるいはライブ演奏に対応しています♪

Marshall YJM100 フロント


Marshall YJM100 リア


MalmsteenとMarshallのMarshall YJM100の共同開発はファンなら納得の結果でして、

「I can't say enough about my love for the sound, feel and look of the wall of Marshall's. Since I was 10 years old, I’ve insisted on having them behind me at all times, ... I must have had every amp company in the world ask me to endorse them, over the years. To finally have my own signature Marshall is an honor and this amp is truly a master piece!」

ということで、10歳の頃からの生粋のMarshallユーザーと自身が言っていますし、やっとMarshallから自分のシグネーチャーアンプMarshall YJM100が発売されて本当に嬉しいと感激も一塩のようです。

Marshall Malmsteem YJM 100 Video Demo [NAMM 2011]


ちなみに、このシグネーチャーアンプMarshall YJM100のベースとなったアンプは「Holy Grail」1959 Plexi headのようでして、Marshall YJM100は最高のネオクラシカルなアンプとして次のような良さげな仕様なようです:

Marshall YJM100」 仕様
  • 1. フットSW切り替え*式のブーストで、背面でVolume/ Gainが調節可能
  • 2. フットSW切り替え*式のノイズゲードで、背面で閾値制御が可能
  • 3. フットSW切り替え*式のスタジオ品質のDigital Reverbで、背面でレベル制御可能
  • 4. フットSW切り替え*式のシリアルFXループ
  • 5. ハーフパワーへの切り替え可能(100W/ 50W)
  • 6. ハーフパワーへの切り替えと併用して使用可能な、パワーアッテネーター内臓。アンプ出力を0.01%~100%にトーンやパワー管のフィーリングを損なうことなく調節可能
  • 7. 真空管エラーインジケーター:パワー管に障害が発生した場合には背面にあるインジケーターでどの真空管が悪いのか知らせてくれるので、瞬時に悪い真空管が交換でき正常に立ち上げるまでの時間が短縮
  • 8. 自己バイアス回路により、適切なパワー管動作のためのバイアスにパワー管交換毎に自動で設定
*注意: Marshall YJM100に付属の4wayフットコントロール(PEDL-00046)はBooster、Gate、ReverbおよびFXループ切り替えができ、Marshallが特許取得した「STOMPWARER Technology」と呼ばれる技術により初めて標準的なギターケーブル1/4を使用できるようです。

COMMENT 0