今さらBeaujolais Village-Nouveau 2010です~

Subscribe with livedoor Reader

なんとか、年内にはということでやっと落ち着きBeaujolais Nouveau 2010飲んでみました。正確にはBeaujolais Village-Nouveau 2010ということでBeaujolais Nouveauよりは格の高いものをチョイス。



これは、Domaine P. Parisのノンフィルター(Cuvee Non Filtree)を輸入者(株)ヴァンパッシオンさんが引っ張ってきたものでして、それを国立の「せきや」さんがオリジナルの国立ラベルを貼り付けたという限定ヌーボになります。非常にバランスがよく、よくある 単にタンニン、酸味が強いものと違い、かなり果実味も感じられる飲んで心地よいワインでした♪





何度も言いますが、Beaujolais Nouveauはガメイ(gamay)種から作られるワインでして、私のイメージでは果実でもバナナ、ラズベリーといった華やかさがあり、タンニンも樽香も控えめで気軽に飲めるワインです。一方、ボルドー(Bordeaux)のカベルネ・ソービニオン(Cabernet Sauvignon)種やメルロー(Merlot)、ブルゴーニュー(Bourgogne)のPinot Noir種とは葡萄の品種が違います。

兎に角、ボルドー(Bordeaux)はタンニンがシッカリとして安定したワイン、ブルゴーニュー(Bourgogne)はシッカリした酸味が特徴で職人による作り手が多いのでマニアには好まれるワイン、そういう感じとはまた違いますね、ボジョレーは。





COMMENT 0