これまた日本ではお初!? 18Wでは世界最小!? Burriss Amps Dirty Red Amp Head♪

こちら「Burriss(バリス) Amps Dirty Red Amp Head Review」より、18Wでは世界最小のまたまた小型アンプのご紹介です~しかも日本ではまだほとんど紹介されていませんが、非常にあちらアメリカでは各誌が連発して絶賛の嵐となっていて、日本でも実は密かに人気のフルチューブな小型ハンドメイド・アンプ「Burriss Amps Dirty Red」になります。



恐らく日本でも今日こちらでご紹介しましたので音をお聞きになった方から順にその実力を認めて頂けると思いますので、広まるのも時間の問題でしょう~本当の真空管アンプを歪ませた時のあの気持ちのよいサスティーンはビックリです♪

Video Review - Burris Dirty Red Head


この小型アンプ「Burriss Amps Dirty Red」はこのメーカーで最も小さいアンプでして、18WのクラスA駆動のなんです。確かに、その他にも興味ある「Switch Master」、「Shadow」、「dB Special」、さらには「Royal Bluesman head」がありますが、ビルダー& 設立者のBob Burriss氏が小さな爆弾というほどに強烈な小型アンプです。実際、彼自身も次のように説明しています。

「For the rock and roller, Dirty Red delivers the intensity, the tone and the gain their looking for in a cool looking package they can afford and can easily carry from gig to gig. You can crank Dirty Red up for a show or dial it down to get that nasty sound even if you’re practicing in an apartment,” says Mr. Burriss.」



18W クラスA駆動の小さなアンプにはプリ管が 3x 12AX7 Mullard、パワー管が 2x EL84 JJ、整流管が 1x EZ81 Rectifierが搭載されおり、しかも6kg弱のコンパクトさです~正しくハンドメイドならではの整流管が 1x EZ81 EH Rectifierが光っています♪

これアンプの歪み具合は、ほどほどのゲイン(古典ロック)からハイ・ゲインのロック(ヴィンテージなメタル・トーン)までカバーしている感じで、フルEQ、フットSW切り替え可能なエフェクト・ループ、非常に効きの良いマスターボリュームに、マルチタップな出力(4、8、16Ωに対応)、さらには全世界対応可能な電源と、まさにUSハンドメイドの看板を裏切らない、しかも約10万円($1195)というお手頃価格になっています。

Dirty Red

COMMENT 0