世界の流れに着いてきてます? 今はココまで出来ます!? iPhoneのWord Lenz

さてさて、本当に便利と言うか凄いというか、ここまで今の技術は進んでいると言うか、米Quest Visual社の「Word Lense」をご紹介します。何が凄いかと言うと、iPhone越しに覗いたただけスペイン語が英語に見えてしまうというAR翻訳ソフトです。(今後はフランス語、イタリア語、ポルトガル語を加えていきたいとはコメントされているようです)

まあ、次のデモ動画を見てみて下さい。まだスペイン語から英語への翻訳しかないかもしれませんが、それはそれは凄まじく恐ろしい翻訳ソフトになっています。マジです、これ。トリック映像ではありません。設立者のOtavio Good氏とJohn DeWeese氏による2年半の開発による賜物だそうです。

Introducing Word Lens (Spanish to English)


まあ、翻訳の被写体が動いたり、撮影時に手ブレが生じると、ちょっと単語がにょんにょんと動き回ることがありますが、まあ今はちょっとしたお遊び程度や、学習用として使うには十分な代物じゃないでしょうか?

しかし、携帯にほぼ全ての機能が集約されちゃうんじゃないかと言わんばかりのスマホ技術の進み具合ですね。もう一度言いますね、世界の流れに着いてきてます? 今はココまでできます!? 完璧を求める方は今はこの程度だけれども「5年後この技術が進化していったらさぞかし寸馬らしい技術になってそう」と思って楽しみに5年後位を待ってましょうかね。

Otavio Good explains Word Lens


さらには、例えばこのFLAKJAKTのCascadesという曲のミュージックビデオなのですが、本当に優秀でして何とコレ全部ホントにiPhone 4で撮影された動画・写真を編集して制作されているという噂です!恐るべしiPhone 。

First OFFICIAL iPhone 4 Music Video - for FLAKJAKT "Cascades"

COMMENT 0