BOSS MT-2/METAL ZONE HiFi+3WAY SW MOD

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。



BOSS MT-2/METAL ZONE HiFi+3WAY SW MODになります。

余分な低中音域を引き締めつつ、中域にはコシのある、また特に高域にかけた抜けのよい、音圧、レンジ感が別格!のMODになります。
(こちらのMODは米国のフォーラムでの議論を中心に、KeeleyやWeedのMODを私なりに研究して施したMODになります)

mt-2-mod-01.jpg

また、多彩なサウンドバリエーションが追求できるよう3Wayスイッチでのモード切換ができます(左からTurbo、クリッピングキャンセル、ノーマルモード)。

特に、Turbo、クリッピングキャンセルモードは個性が強く、驚くほどパワフル!なのですが、非常にローノイズなHi Fi感ある仕上がりになっています。

MOD内容
Panasonic社ECQ-Vは高域にかけての艶伸びがよかったのですが残念ながら生産終了が決まったようでネットでもだんだんと入手困難な状況になってきました。本MODも多用していますので作れる今のうちにお早めにお試し下さい♪

①3WAY クリッピングSW
-> 3Wayスイッチでのモード切換化
左からLED追加のTurboモード、クリッピングキャンセルモード、ストックのノーマルモード

②HiFi化
-> オペアンプ付近の重要なキャパシタを定数も含めPanasonic社ECQ-Vへ変更
ヘビメタ系歪みによくありがちなノイズを低減するとともに、高域の艶伸びを追加

③低中域ブーストの引き締め
-> analogmanの考え方なのですがキャパシタを一部除去して低中域の引き締め
(オリジナルのMT-2はどうも今一なブーストのされ方でしたので※)

④青色LED化

mt-2-mod-02.jpg

※各MODに見られる考え方は、次の課題を解決する方向性ですかね。MT-2は音の線が細いって課題です。何故か?

その理由は、内蔵のイコライジング回路(数えると多分7つ位のフィルタを通っていますのでね。。そりゃぁー抜けも悪くなるし失われてしまうですよね)により特定の周波数帯のみブーストしているのですが、これが折角の倍音を削っていたのですね。この倍音の消失の為に音の線が細くなってしまっていたということです。ですのでその辺を本MODもカバーするようにしています。

ただ面白いのは、そのイコライジング回路をいじった時の各人のイコライジングの考えが色々あるということです。ここら辺は各自の音の嗜好性によりますからね。WEEDやKelley以外にも例えばDiezel風MODだとかBoogie/Bogner風MODとかありますよ。

【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。


良さげなら、これを↓クリック♪
無料blogサーバー・ホスティングFC2プロフFC2クチコミ広告

COMMENT 2

TAK  2009, 01. 05 [Mon] 12:50

Bogner風MODについて

初めてコメントさせて頂きます。
もしよかったらBogner風MODについても紹介して頂けませんでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m

Edit | Reply | 

けたまん  2009, 01. 06 [Tue] 00:03

Re: Bogner風MODについて

現在色々と案件が多く直ぐにはできませんが、そのうち
やる機会がありましたらご紹介させて頂きます。

または、改造委託して頂ければ一番早いかとも思います。

> 初めてコメントさせて頂きます。
> もしよかったらBogner風MODについても紹介して頂けませんでしょうか?
> よろしくお願いしますm(_ _)m

Edit | Reply |