HOME   »  2010年12月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
いつものPremium Guitarの記事「ENGL Announces Victor Smolski E 646 and GigMaster Series」から、こちら「Engl Victor Smolski E646」と、「Engl GigMasterシリーズ」をご紹介します♪

Victor Smolski Limited Edition E646

これまた「Engl Victor Smolski E646」は日本では初のご紹介になります~それもそのはずENGLが冬のNAMM 2011で発表したばかりの新アンプ製品は、兎に角リミテッド・エディション(limited edition)のドイツのバンドRage速弾きギタリストVictor Smolski氏のシングネーチャーアンプです。(恐らくはノブの位置からして、PowerBall IIをベースに設計したものと思われます)



しかもこのリミテッド・エディション(limited edition)の「Victor Smolski E646」はスネークスキンのトーレックス(Tolex)からも分かりますように、完全にモダン・メタル用に設計されていましてさらに期待大です♪

Engl E-646 Victor Smolski Limited Edition




しかーし、どれも日本では誰も「Engl Victor Smolski E646」は紹介がないのでその存在もですが、詳細な仕様もちょっとお知らせできればと思います。

「ENGL Victor Smolski Limited Edition E646」はモダン・メタルの申し子としてEnglも発表したようで、アンプの設計を担当したHorst Langer氏はギタリスト& ソングライター& プロデューサーのVictor Smolski氏から支援を受けて開発したものになります。

そのSmolski氏曰く、「For many years now I have trusted in ENGL Amps on stage and in the studio. I was always using different ENGL models but finally I am able to get everything I need in one amp.」ということで、Englのヘビーユーザーな彼も色々Englアンプを使ってきたようですが初めてこの一つのアンプのみ使っても満足できるようなことをコメントしています。

まあ、リップサービスもあるかもしれませんが、それがVictor Smolski氏のシングネーチャーアンプたる所以でして彼の要求を全て満たすアンプなのでしょう♪(ちなみに、ノルウェーのYngwie氏といい、ドイツのSmolski氏といい、北欧・欧州は私の好きなネオクラシカル・メタル(もう死語?)の宝庫ですなぁwww)

Victor Smolski Solo (Yamaha RGX420S-D6 + ENGL Invader 100)


Rage - War of worlds


仕様としては、パワー管としてはFender系(あるいは今流行のブティック系ハイゲインアンプ系)の6L6を使う100Wの4チャンネル真空管アンプでして、各チャンネル毎に、Volume、Gain制御ができまして、ミドル・ヴォイスSW、FXループ、メタル系には嬉しいノイズ・ゲート、ENGLのお家芸であるP.T.M.システム(Electronic Power Tube Monitoring system)が搭載されています。


GigMasterシリーズ

一方のGigMasterシリーズはと言いますと、今流行の低ワット数真空管アンプのラインナップとなりましてこれまた期待できますね♪ご存知の通りMusikmesse 2010にて最初に発表があった例のスピーカー・シミュレーター付きのあれでして、これぞENGLトーンといったものをこれだけの小型サイズで実現しており、さらにヘッドのみならず、日本人好きのコンボも揃っています。


GigMaster E315 Head」および「GigMaster E310 Combo」はご存知のようにEnglの真空管アンプでは最新の追加ラインナップでして、フット切り替え可能な2チャンネルな15W小型アンプです。搭載真空管としては、プリ管 1x ECC83、パワー管 2x EL84でして、これまたフット切り替え可能なミッドブースト、FXループ、パワー可変な内臓アッテネータ(15W/ 5W/ 1W/ 0W=サイレント・モード)、スピーカーシミュレーター付きラインアウトがあります。

  • E310 約9万円($1,061.49)
  • E315 約8万円弱($936.49)

Musikmesse '10 - Engl Powerball II & GigMaster 15 Demos, etc.
まあ聞けば全て分かります、Bossa Du Anime。アンニュイな冬の夜長にクレモンティーヌのアニメンティーヌ~バーカボンボン♪これまたアンニュイな三浦友和と榮倉奈々が出てる例のあのサントリーの「オールフリー」のCMです。

何がオールフリーかというとアルコール、カロリー、糖質の3つもゼロ、つまりフリー。世界初です。年末年始と飲みすぎに、車の運転があるんだけどなぁ~って方是非♪



いなCM サントリー オールフリー 榮倉奈々 三浦友和


Clementine *** Tensai BAKABON *** ANIMENTINE ***

C'est une famille unie, une famille de genies. Bon bon Bakabon Baka bon bon.
C'est une famille de genies, Baka bon bon....






Subscribe with livedoor Reader

なんとか、年内にはということでやっと落ち着きBeaujolais Nouveau 2010飲んでみました。正確にはBeaujolais Village-Nouveau 2010ということでBeaujolais Nouveauよりは格の高いものをチョイス。



これは、Domaine P. Parisのノンフィルター(Cuvee Non Filtree)を輸入者(株)ヴァンパッシオンさんが引っ張ってきたものでして、それを国立の「せきや」さんがオリジナルの国立ラベルを貼り付けたという限定ヌーボになります。非常にバランスがよく、よくある 単にタンニン、酸味が強いものと違い、かなり果実味も感じられる飲んで心地よいワインでした♪





何度も言いますが、Beaujolais Nouveauはガメイ(gamay)種から作られるワインでして、私のイメージでは果実でもバナナ、ラズベリーといった華やかさがあり、タンニンも樽香も控えめで気軽に飲めるワインです。一方、ボルドー(Bordeaux)のカベルネ・ソービニオン(Cabernet Sauvignon)種やメルロー(Merlot)、ブルゴーニュー(Bourgogne)のPinot Noir種とは葡萄の品種が違います。

兎に角、ボルドー(Bordeaux)はタンニンがシッカリとして安定したワイン、ブルゴーニュー(Bourgogne)はシッカリした酸味が特徴で職人による作り手が多いのでマニアには好まれるワイン、そういう感じとはまた違いますね、ボジョレーは。





カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
Twitter
Blogram
なかのひと.jp
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2015 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
為替レート
抵抗と、コンデンサの読み
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.

カウンター