HOME   »  2010年04月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Subscribe with livedoor Reader
今日は「Best Guitar Pedal for the Van Halen Tone」からVan Halen(ヴァン・ヘイレン/EVH)トーンに絶対必要?なエフェクター・ベスト5をご紹介します♪「絶対必要?」とありますように、私的には最近では色々なアンプ・シミュレーターで簡単にセッティング出来ちゃうんで、「絶対必要」とは言いませんが、やっぱり雰囲気を簡単にエフェクターで味わってみたいという人向けですかね。

Youtube動画のご紹介はこちら♪
これぞVan Halen(ヴァン・ヘイレン/EVH)トーン! 絶対必要?なエフェクター ベスト5 (2)

というのも、正直やはりコンパクトエフェクターだけでは彼の伝説的なブラウン・サウンドは得られません、それだけは事前にお断りしておきます。まあ分かるとは思いますが、彼のギターや、ボルテージ・アッテネータを介してぎっしり詰められたMarshall plexiサウンドと、彼のフィンガー・テクニックもブラウン・サウンドの一部ですから。つまり、マーシャル・ヘッドをボリューム11位で鳴らせるご自宅があれば、こんなエフェクターは要りませんので、このブログは読む必要がないでしょうかね。

しかーし、哀しいかな普通?な人である我々はそういった贅沢な環境ではありませんので(何度もアンプの記事でお伝えしていますが、こんなことできる家は探してもほとんどありませんので)幾つかのキーとなるエフェクターでかなり近いところ迄追い込めればそれでいいじゃないですかと感じます。なので、ここに上げた5台は、100Wヘッドをフルにしなくても、そこそこそれっぽいVan Halaneサウンドが得られる方法としてお薦めできます♪

2つの歪み系エフェクターは、オーバードライブとしても結構色々なところで評判のいいエフェクターですから、それだけでも買ってみる価値はありますが、ブラウン・サウンドとしても結構良く再現できるものになっています。後半の3つもまたヴァン・ヘイレン/EVHが名曲の「Unchained」や「Hear About it Later」で使ったこれまた素晴らしいエフェクターでして、まさにフルコースといった感じで5つのエフェクターがVan Halen(ヴァン・ヘイレン)トーンを作り上げるために助けてくれますよ♪

合わせて、こちら「エドワード・ヴァン・ヘイレンの初期ギターサウンド研究」も読んで頂ければ、かなり性格かつ、要領よくまとまっていますのでお薦めです。

1位 CMAT pedals - Brownie
コメント:「ブラウンサウンド」が得られる歪み系ペダルについて議論するにはちょっと誤解される名称かもしれませんが、このCMATMODS Brownieはめちゃくちゃその「ブラウンサウンド」に近いサウンドがだせます。

この名前が意図的に付けられたかは定かではありませんが、私の意見ではCMAT Pedalsはその名称を使用する権利を獲得できたようです。

このペダルは非常に典型的なコントロールノブのレイアウトを用いていまして、 「ゲイン」、「レベル」、そして「トーン」という最低限必要なたった3つのコントロールからなっています。出てくるサウンドは非常にplexi的で、かなりクリーミーで密度の濃いいドライブ・サウンドになっています。
もちろん、聖なるVan Halen(ヴァン・ヘイレン)トーンを真似るためにはその他多くの要素もあり、例えばピックアップ、ギターアンプ等々…。しか~し、この力強いドライブサウンドを固めるためには、このペダルは本当に素晴らしいエフェクターです。

2位 MI Audio Crunch Box Distortion Pedal
コメント:MI Audioから発売されたこの歪み系エフェクターは、私も過去持っていましたが、いやはや信じられないほど温かなアナログ系のディストーションサウンドを出力してくれます。Van Halen(ヴァン・ヘイレン)のブラウンサウンドを手に入れるためには、これまた大事なエフェクターになりますかね。でも、それだけではなく、1つのディストーション・エフェクターとしてもナチュラルな倍音と、そのニュアンスはかなり驚くべきものがあります。また、予想していなかったのですが実際に使ってみるとこれまたボトムエンドの量がナチュラルなんですが印象的な感じでした。
ドライブサウンドという点からは、十分過ぎるくらいで1978初期のplexiトーンや、5150のより飽和感のある音に間違いなくサウンドを作りこむことが出来ると思いますよ♪

3位 Dunlop MXR EVH117 Eddie Van Halen Flanger Pedal
コメント:特に「Hear about it later」や「Unchained」のような曲が好きな方であれば、あの素晴らしい音を得るためのエフェクターとして、私は是非このエディも使っていたご承知のMXR Flangerをお薦めします。もちろん、ヴィンテージのMXR Flangerを使用すればそれで問題ないのですが、残念ながら非常にお高いコースになってしまいますし、そうそう持ち出して使うなんてこともままならなくなってしまいます(貴重ですので)。その点今回のMXRのEVH-117は、ヴィンテージのEVH Flangerにかなり近い設計を行っていますし、
何よりそれ程懐は寂しくなりません。明確な証拠というかですね、いつものようにEVHスイッチ(このスイッチを入れると、正に「Unchained」用の正確なセッティングになるようでして)これを押して入れれば完璧ですかね。

4位 Dunlop MXR EVH90 Van Halen Phase 90 Pedal
コメント:ご存知のようにMXR Phase 90は、Van Halen(ヴァン・ヘイレン)の初期の音を実現するために、他のどんなエフェクターよりもより際立った役割を果たしていましたよね。この点を見逃すことは一見やさしそうですが実は非常に難しく、彼のトーンがめちゃくちゃ素晴らし過ぎるので、ついつい常にphaseをonして演奏していたという事実なんて気づいていなかったということです♪このEVH Signatureは特に良さげなのはまたまた「スクリプト・ボタン」というものが登場しまして、よりヴィンテージな「スクリプトロゴ」バージョンの音と、より現代的な「ブロック」バージョンの音を容易に切り換えさせることができる点ですかね。

ここら辺のカラクリはこちらの私のMXR Phase90 MODで詳細に解説しています♪


5位 Dunlop EVH95 Eddie Van Halen Signature Wah Pedal
コメント:EVH(エディ・ヴァン・ヘイレン)はちなみに、オリジナルのアルバム(=「デーヴ」時代)では全くワウは使用しません、最初にお断りしておきます。しか~しですね、彼は90年代に入りますとワウを使った試験的な試みを始めていました。彼が使ったCrybabyのワウ・ペダルは「Top of the world」や「Poundcake」などの曲で登場します。Van Halen氏との共同開発で、Jim Dunlop/ジムダンロップはようやく中域で「ハスキーな(throaty)サウンド」を強く強調することに成功しました。
ということで、どうやら彼の個人的なペダルが実際に消耗してそうなったサウンドに基づいて真似して開発されていますので、ペダルとしてもかなりユニークな音になっています。


Subscribe with livedoor Reader

さーて、表題のギターマガジンをちょっとご紹介です。
Marshall アンプ& キャビネットを特集していますのでじっくり見ていきましょう♪

ブログねたはこちら
現行マーシャルを轟音で鳴らす ~アンプ&キャビネット引き比べ~ (1)
現行マーシャルを轟音で鳴らす ~アンプ&キャビネット引き比べ~ (2)

ギター・マガジン 2009年3月号 (発売日:2009.2.13)

内容
・表紙 デレク・トラックス~うず巻く歓喜のスライド・ギター
 

・Featured Guitarists
◎デレク・トラックス(13ページ)
エリック・クラプトンのツアー・サポートを務めたことで、瞬く間に多くの耳目を集めるようになったデレク・トラックスが表紙&巻頭特集で登場。自己のバンド、デレク・トラックス・バンドはもちろん、夫人であるスーザン・テデスキとのユニット、オールマン・ブラザーズでの活動、さらには急増するレコーディング・セッションなど、多忙を極める中、新作『オールレディ・フリー』について、そしてその制作に大きく貢献した新しい自宅スタジオのことや仲間たちについて、じっくりと語ってもらった。変幻自在にスライド・バーを操る、新世代の“ギター・ゴッド”から目が離せない!

◎ストレイテナー(10ページ)
ギタリスト大山純を迎え4人体制となった新生ストレイテナーが渾身の新作『Nexus』を発表。進化したバンドのリアルが見事に詰め込まれたこの最新作についてフロントマンのホリエアツシと大山にインタビュー。さらにふたりの使用ギターとギター奏法分析で、ストレイテナーの魅力を全方位で徹底研究!

・特集
ジャズ・ブルースで小粋にスウィング♪(11ページ)

・The Instruments
現行マーシャルを轟音で鳴らす~アンプ&キャビネット弾き比べ(15ページ)
半世紀におよぶ伝統と最新のニーズを融合させてギタリストに支持され続けるトップ・ブランド、マーシャル。BEAT CRUSADERSカトウタロウと島紀史を迎え、現行マーシャル・アンプ&キャビネットを轟音試奏。世界中のギタリストを魅了し続けるマーシャル・サウンドの実力をじっくりと味わえる一大特集です!


・クロスオーバー・ギタリスト列伝
第6回:パット・メセニー~壮大な音楽宇宙を創造し続けるジャズ・クリエイター

・2009NAMM SHOWレポート

・ライブ機材
 ザ・クークス

・INTERVIEW
 横山健、布袋寅泰、セカイイチ、内田勘太郎、GO!GO!7188、MASS OF THE FERMENTING DREGS、セパルトゥラ

・スコア
「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」ジェフ・ベック
「愛の経験」デレク・アンド・ドミノス

・連載
レトロゲームのしらべ~いっき
ビギナーのための初級講座 ギター・マガジン音楽院
イチからわかる エレキの仕組み エレキの中身
吉野寿(イースタンユース)のヨノナカバカナノヨ

・Perfect Seminar
エレクトリック・ギターのしらべ/末原康志
ギタリストの栄養補給! 芸のサプリメント/安東滋
ムダなく上達! 宮脇流スマート・トレーニング/宮脇俊郎
新版ジャズ・インプロヴィゼイション/高橋信博
月刊☆地獄通信/小林信一
ホーム・リペアのテクニック/西村秀昭

・New Products Review
COLLINGS/CL JAZZ/PAUL REED SMITH/PRIVATE STOCK WATERFALL SPECIAL/CREWS MANIAC SOUND/SOLUTION 3 SSH
ENGL/STEVE MORSE SIGNATURE AMP(E656)/FENDER/FSR'72 TELECASTER CUSTOM/EGNATER/REBEL-20
NIL/RIPPLE SERIOUS TOP/EX-PRO/DISTORTION&BOOSTER D&B/DISTORTION+SOLO/D+S/VOX/TIME MACHINE



さてさて、人が知らないエフェクタを持っているとある意味それだけで優越感に浸るという子供のような私ですが、Cicognani社からDragonシリーズの真空管オーバードライブと、真空管ディストーションをご紹介します♪

DRAGONシリーズのオーバドライブと、ディストーションは真空管採用のAクラス動作をする回路設計にでして、ソリッドステート(トランジスタ)では真似できないハイクオリティーな真空管サウンドを提供しています。ポップスでも、ハードロックでも、速弾きでも、ブルース音楽でも、Dragonシリーズは汎用性のある感じのエフェクターになっています。また、その筐体も頑丈なステンレス製シャーシでして1kgあります!しかも、TRUE BYPASSによりoff時にも信号のロスがなく、しかもバッファーによって生じるトーンの変化も防いでいます。

Dragon Series Tube distortion
  • Aクラス動作の真空管回路設計を採用したディストーション・ペダル
  • 2x12AX7A プリ真空管
  • Gain, Tone, Volume コントロール
  • TRUE BYPASS回路採用
  • LEDインジケータ
  • ローノイズの12V(350mA)電源採用

Dragon Series Tube Overdrive
  • Aクラス動作の真空管回路設計を採用したオーバードライブ・ペダル
  • 2x12AX7A プリ真空管
  • Gain, Tone, Volume コントロール
  • TRUE BYPASS回路採用
  • LEDインジケータ
  • ローノイズの12V(350mA)電源採用


カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
1位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930