HOME   »  2009年04月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

BOSS OC-2の解説はこちらをご覧下さい、要領よくまとまっていると思います。要はジャズでよく聞かれるような、1オクターブ下の音(OCT1)と、2オクターブ下の音(OCT2)をミキシングして幅広い音作りが出来ます。

Char氏も使用のOctaverですが、BOSSのOC-2はどうもデジタルっぽくて音の線が細くなるんです。音圧がないというか・・・・・。

そこで、目標としては、Char好きの方に、あの音がきっちり出てるよ!と言ってもらえるようなOC-2を目指しました。BOSS OC-2 Octaver HiFi MODです。

DSC_4459_R.jpg

これは本当音痩せしませんよ、しかもノイズレス!!!オクターブ音の追従性も完全とは言いませんが、スルーレートの早いオペアンプNE5532に交換したためか、まあ使えるかなというレベルまで改善されていると思います。

まあ、ギターだとオクターブ奏法があるから不要だとか言わず、Char氏のような飛び道具的な要素で、上手くかっこよく使ってください!

この後段に歪み系を繋いでやると、重低音的なリフと抜けのよい高音ソロが同時に弾けてしまう等。

また、ジャズとかだと、特にトリオ等で比較的少数バンドやって、もうちょっち音圧を増したいとか、ユニゾンフレーズなんかを際立たせたいという使い方も、これバッチリ。

MODの内容:
①オペアンプのソケット化 + NE5532を5基搭載
-> ノイズレス化、追従性の改善


②ケミコンの高級パーツ化
-> 100uf以上のケミコンを東信の高級オーディオ向けケミコンに交換

③信号線上の入出力部のコンデンサの大容量化、ECQ-V化
-> 低音の太さと、高音の伸びを改善


DSC_4457_R.jpg

【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。


良さげなら、これを↓クリック♪
無料blogサーバー・ホスティングFC2プロフFC2クチコミ広告
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

何も言う必要のない程のベース用の日本製 7バンド・イコライザーGE-7BのHiFi MODです。
現行品の7バンド・イコライザーGEB-7ではないので注意してください。

これで62Hz~4kHz間をブースト・カットできますので、まず自分の今ある機材を最大限に活用しつつ、積極的に自分の嗜好にあった音づくりができます。

DSC_4464_R.jpg

あれ?50~10kHzじゃなかったかって?そうです、後継機種である現行の「GEB-7」はその帯域ですが、昔の日本製の頃の「GE-7B(生産中止)」はこのもう少し中域よりの62Hz~4kHzなんです。結構この帯域で慣れちゃった人はこれでないととか思うと思います。そういう方どうでしょうか?

(現行のGEB-7は周波数のレンジが50~10kHzとより広いのに対し、こちらのGE-7Bは62Hz~4kHzと中高域へEQ周波数帯が集まっており細かく設定しやすいです。4弦ベースのE~G弦の音域をカバーするのにちょうど良いEQですよね。)

一応、その当時はノイズ・カットやハウリング対策にも効果的とか、レベル・コントロールは音質を最優先の独立アンプ方式とかいう、謳い文句でした。

が、今となってはやはりその独立アンプや電解コンからのノイズが気になる人は気になります。特にブースターとして使用する場合にも気になるかもしれません。

そこで徹底的に低ノイズ化します。より低ノイズのTI製NE5532にソケット化して4基全部交換しています。これは感激する程の低ノイズ化でノイズレスといってもいい位になります。

[MOD内容]

①一部のフィルムのメタライズドフィルム化
->第一のノイズ源である1ufの電解コンデンサをPanasonic社ECQ-V 1ufへ交換(ECQ-Vは生産終了なため何時まで本MODできるかは不明)

②ソケット化+TI製NE5532搭載
->低ノイズかつオーディオ系で定評のTI製NE5532を4基搭載により感激する程の低ノイズ化、かつより太くストレートに音がでる感じになります。


③一部の大容量電解コンの高級化
->第ニのノイズ源である47~100ufの電解コンデンサをPanasonic社、東信のオーディオ用電解コンデンサへ交換することにより、低域のもっさり感がなくなり非常にシャープに以上で、かなり低ノイズ化、かつ本来の音を気持ちよく出力することを実現

④さらに一部のコンデンサの高級化および定数変更

グラフィックEQの周波数の計算方法について

-> 入力直後、および低域側の一部のキャパシタをECQ-Vのメタライズド化および、最も重要な低域(62~125Hz)のEQについては定数を変えてより持ち上げられるように(2倍位可変領域を増やしてます)イコライジングの再調節化

高域度緑色LED化

DSC_4460_R.jpg

【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。






Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ディストーションの定番 RAT2をSonicbrew StudioさんがMODしたProCo RAT2 Sonicbrew Studio MOD + 3WAY SW + 昇圧回路になります。

こちらはボディトップが傾斜しているタイプですがUSA製になっています。(現行品と違い、USA製品はある程度パーツがよい物を用いています!)

DSC_4433_R.jpg

MOD内容:

①昇圧回路(恐らく松美庵さんのこの記事「9V電池を17Vに昇圧」と同じだと思います。)
MAX1044と数個のキャパ、ダイオードを用い、16~18Vに昇圧した回路を追加。
-> これでバリンとした非常に腰のある、例えて言うと'50年代的な感じがよく出てると思います。

② 3WAY SW
1) Smoothモード(右:恐らくオリジナルの1n4148対称クリップモード)
2) クリッピングキャンセルモード(中央:一つダイオード外してクリップなし)
3) Regularモード(左:恐らくLED追加して非対称クリップモード)

上記のモードが選択でき、音量の大きさとしては下記の順に音量・中低音が増し、ワイルドなドライブ音になります。クリップなしのモードは本来はこうでなかったと思える位に素晴らしいです。

クリップなし > LEDクリップ > 対称クリップ

②信号系のコンデンサ一部をAVX製メタライズドフィルム、定数も若干変更しています
-> 主に音の低域を追加、また高域の伸び、艶やかさも追加かな?(詳細な分析は後日します)

③複数の電解コンデンサをニチコンのオーディオ用MUSEに変更
-> (特に低域の)の曇り取り。よりシャープなクリア感に!

④オペアンプは初期RATと同じLM308です(USA製はやっぱりこれですね)。
高輝度緑色ダイオード

DSC_4438_R.jpg


全体として、KeeleyのMODとは方向性が違って、腰があり、音にバリンという張りが出ています。
ダイナミックレンジも広がった感じで、こういうの好きな人は好きだと思います。

これも、Filterとボリュームのバランスで結構ご機嫌のサウンドを追い込めると思います。

また、SW中央のクリップキャンセルモードは是非お試しあれ!音のぬけのよさは凄いの一言!
トレブリーで誤魔化しているのではなく、あくまでロー、ミッドの音ぬけで勝負といった感じ。

その他のSonicbrew StudioさんのMODの紹介です。

BOSS MT-2 MOD


BOSS OS-2 MOD


【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。


良さげなら、これを↓クリック♪
無料blogサーバー・ホスティングFC2プロフFC2クチコミ広告
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930