HOME   »  EH Russian Big Muff Pi
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

前回はRussian Big Muff ~ Colorsound Jumbo Tonebender化 新MOD ~でしたが、今回はBarber Trifecta Fuzz Pedalよろしく、Russian Big MuffのSupa/Jumbo Tonebender or Big Muff化 2xSW 新MODになります。一言でいいますと、1粒で3度美味しい的なSupa Tone <--> Jumbo Tonebender <--> Big Muffの切り替えを2つのSW(2way SW+ 3way SW)でやってしまおうというMODです。



他のBig Muff系の「ほぼ完璧MOD」と同様にほぼ意味のある置き換えは全部かなり忠実に、ひたすらオリジナルのColrosound Jumbo Tonebenderに回路の定数を合わせていくという感じで(+/-10%以内の重要でない定数の違い以外は全て同じにしています)、まず(オリジナルはBC184ですが。。。)BC184、BC184C、BC184LCで試してみましたが、とにかく太っといオーバードライブから粗めのファズ・サウンドまでこなせます♪

また非常に可変領域が広いTONEコントロールでクリーミーなGilmour風トーンからストラトのフロントでもいい感じのトーン全開の突き刺さってくるようなジリジリサウンドまで、サスティンもノブ全開の豪快に伸びる激歪みからバリッとエッジの効いたクランチ・サウンドまで良さげです!!

Russian Big MuffもMODで、ここまで多彩に変わるとなると、たまには使ってみたくなりますよ♪もう少しトランジスタを買ってhEF色々試せばさらにいい感じになるでしょうね♪



MOD内容:
1.Colorsound Tonebender化
忠実に、ひたすらオリジナルのColrosound Jumbo Tonebenderに回路の定数を合わせていくととともに主要な信号線には最高級のカーボンコンポジット抵抗を随所に採用し、暖かみのある野太い音のビンテージ感を再現。またSWの工夫によりSupa tonebender <--> Jumbo tonebenderモードの切り替えも一発です!

2. 右SWのモード選択:
上:Big Muffモード (トランジスタQ2のクリッピングあり、最終段のトランジスタQ4あり)
中:Supa Tonebenderモード (トランジスタQ2のクリッピングなし、最終段のトランジスタQ4あり)
下:Jumbo Tonbenderモード (トランジスタQ2のクリッピングなし、最終段のトランジスタQ4なし)

まず、Tonebenderモードのコンプレッション感が取れたよりナチュラルな感じのヒミツは、このクリッピング回路の除去です。Big Muffにはあって、Tonebenderにはありません。また、最終段のトランジスタQ4をバイパスすることで音量は下がってしましますが、Jumbo Tonbenderの回路にもなります。最終段のトランジスタQ4をバイパスしないとSupa Tonebenderになります。



3. 左SWのTone回路選択:
上:Big Muffモード (ハイパスのCRをBig Muffの定数C=0.0039uf、R=22k)
中・下:Tonebenderモード (定数的にBig Muffよりもう少し低域が抑えた感じのC=0.003uf、R-33k)


4. トランジスタの変更
最後に、何はともあれトランジスタの変更ですかね♪Jumbo TonebenderのオリジナルはBC184、Supa TonebenderのオリジナルはBC184Cですが、BC184、BC184C、そしてBC184LCを試しSupa TonebenderオリジナルのBC184Cをチョイス 。
(BC184、BC184Cはそのまま挿せますが、BC184LCは逆転させてしかも一部脚をクロスしないと音は出ません♪ご注意を)

(BC184Cの最後のCはmore gainという意味です。BC184よりBC184Cの方がゲインが高い仕様になっています。以前それを知らない時からBC184Cの方が良くて、Cがmore gainと知った時にはなるほど感じたほどです。Lはどうも駆動能力の高い仕様らしく、BC184LCはファズというよりはディストーションといった感じのテイストでした。

ちなみに、実際に74年に初めてSteve Hackett氏のためにColorsound Supa Tonebender (紫-シルバーボックス)が作られたときには4xBC184、あるいは109だったようで、時々BC184Cも用いていたようで、私はゲイン高めのBC184Cをお薦めします♪手軽に購入できますしね♪あるいはVox ToneBenderが使用していたような、ゲルマ・トランジスタSFT33やSFT363Eなんかもいいみたいですがそんなトランジスタ誰も見たことありませんよね。やはりSFT337やSFT363Eの代替としてはAC125,126,151や、AC127,176,187でしょうかね♪)



BC184シリーズの一覧表
Part # Pol / MatSizeType BVCEO IC PD hFE FT Pkg.
BC184 NPN SiLN SStrans. 30V100mA350mW 180-800150 MHz-TO92E
BC184B NPN SiLN SStrans. 30V100mA350mW 180-440150 MHz-TO92E
BC184C NPN SiLN SStrans. 30V100mA350mW 380-800150 MHz-TO92E
BC184L NPN SiSStrans. 30V500mA350mW 100-150 MHz-TO92
BC184LC NPN SiSStrans. 30V200mA625mW 100-150 MHz-TO92

本当は古いNOSトランジスタをかなり買い込んで選定したモノを載せると、あの強烈なブチブチした音も再現できるとは思うのですが。(Fuzz Faceよりはトランジスタ依存が少ない回路なので取り合えず、あの強烈なブチブチした音が再現したいならゲルマトランジスタを載せても安定していい音でなりますよ♪)

5.電源強化
ここら辺は地味ですが、しっかりと100V耐圧のよいキャパシタに変更してます。

6.高輝度青色LED

Colorsound Jumbo Tonebender


Colorsound Supa Tonebender (より歪みをアップさせた感じ, 4x BC184C Si Transistors.)


Barber Trifecta Fuzz Pedal(これってたった$149.95です!今だと為替が$1=89円程度なので1万3千円位で買えちゃいます。。。。しかしこんなに米ドルが弱くなるなんて。。。。)
(これは、右上のトグルSWでSupa Bender風(右)、Jumbo Bender風(中央)、Triangle Pi(左)モードが選べるようです。動画では、Supa(右)モードは1:27~、Jumbo(中央)モードは4:17~、Big Muff Pi(左)モードは4:54~です。)


【免責条項】 当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません 何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。

【Disclaimer】
Would you please proceed this modification at your own risk, becasue I am not responsible if your pedal does not function after the modification. Do not proceed it if you think that you are not capable of performing these mods enough, since soldering and replacement of small components are involved.


良さげなら、これを↓クリック♪
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
色々とMODをしてると、やはり最後に迷うのがトーン回路ですね。これはほぼ十人十色って感じでして、こちらもこういうのどうでしょうか?というお薦めはありますが、何が正解というのがない世界ですね♪

それですので、逆に言うとここら辺のEQ調節はDS-1 MODのところでも触れているように、弄り甲斐があると言えばありますし、最後の詰め的で楽しいですね♪ で、私はそれ程細かくは定数をいじっって実験くんをしていては切りがないので、できません♪と割り切って、色々とシミュレーターも併用して効率アップ、イメージアップしています。

例えば一昨日にアップした、Russian Big Muff ~ Colorsound Jumbo Tonebender化 新MOD ~ですが、どうやってるか見てみますね、はい。それでここでは、シミュレーターとしては、例えばduncanamps.comにある無料のDuncan Tone Stackとかでシミュレーションしちゃいますね。

例えば、まずノーマルのRussian Big Muff Piのtone stackは下記のようになります。左がRussian Big Muff Piのtone stack部の回路図です。R(39K)+C(0.01uf)のローパスと、C(0.0039uf)+R(22K)のハイパスをToneコントロール(100K)でブレンドするようなトーン回路になっています。右が1Kの周波数を入力してみたときの出力の波形になります。注意しなければいけないのは入力波形はよく行われるようなホワイトノイズでもありませんし、ギターから出る音も1Kのみではなく色々は周波数の合成です。

ただ、このパラメーターをこう弄れば、こういう傾向になるのかぁいうことを理解するシミュレーターの使い方としては事足りるんですね、っていうか細かな数値のピンポイントを信じるよりは全体的な傾向をしっかり把握する、そういう使い方がシミュレーターにとっては本来は重要なんですよ。(私の信念として、シミュレーターは本当でも嘘でも必ず答えを出してきます、その答えが妥当かどうかをまず判断するのが我々の役目です)

Russian Big Muff Piのトーン・シミュレーション(トーンMIN:ピンク、12時:白、MAX:緑)


また、過去にRussian Big Muffではありませんが、Big Muff Pi(後期/80年代)はハイパス部がC(0.0039uf)+R(100K)となっている回路も散逸されますが(現行モデルはR=22K)、この場合には(中低域のじゃじゃもれが抑えられた結果として)低中域の落ち込みが持ち上がり、しかも全体的な音圧もあがるような感じになっています。その一方で、トーンの効きが悪くなるようで一長一短なのが分かります。ここら辺が分かりやすいトーン・バランス?を考えて現行の結構低め22Kを採用した一つの理由かとも思ってしまいます。

Big Muff Pi(後期モデル/80年代)のトーン・シミュレーション
(ハイパス100K/ トーンMIN:ピンク、12時:白、MAX:緑)


それで、いよいよColorsound Jumbo Tonebender化ですが、下記のように実はあまり変わり映えしません!えっ?!本当ですか?まあ、実際に音を聞いた結果を私は知ってるからだけなんですが、ここで理解したいのはよく見ると、1)パイパスの定数の変更後は落ち込んだ部分より低域(1kHz以下)が均一に持ち上がる、2)ローパスの抵抗の定数変更後もやは1kHz以下の特性が均一に高域側にシフトして張り出して来る結果、レベルが持ち上がる、というその2点です。

それでこの1)、2)の合わせ技として、より中高域(1KHz以下)の音が厚くなっているという点で、私はよりRussian Big Muffよりもtonebender化MODに音の凝縮感が感じられる原因かとも感じました。

Russian Big Muff Tonebender化のトーン・シミュレーション(トーンMIN:ピンク、12時:白、MAX:緑)


Russian Big Muff PiとRussian Big Muff Tonebender化の比較
(青のみRussian Big Muff、他はTonebender化の波形)


もっと言いますと、ノーマルのRussian Big Muffの方がこのトーン回路だけ見てみますと低域が抑えられた格好になりますので、Tonebender化のあの高域の抜けはこのtone stack回路の1kHz以下の持ち上げられ現象に、さらに別の、例えば、このトーン回路前のQ2のクリッピング回路部や、最終段のレカバリー回路部の除去なんかの変更も高域の特性にかなり効いているんだなぁということも想像ですが分かってきますね。

Russian Big Muff Tonebender化の波形     Russian Big Muff Piの波形
 

ちなみに、「最新 Electro-Harmonix Russian Big Muff Pi MOD」の方のMODはというと、こういうような周波数特性になります。(厳密にはローパスの抵抗は外したMODですので、スペック上何らかの数値を入れないといけないので抵抗は巨大な90000MΩにしたシミュレーションは実物とは同じではないです。)

Russian Big Muff Pi MODのトーン・シミュレーション(トーンMIN:ピンク、12時:白、MAX:緑)


まさにミッドスクープという感じで、中域が下がるのではなくてトーンMINの時点で、中域がこんもりお山のように盛り上がっています。しかも、トーンを伸ばせば気持ちいいようにハイが出ていくのが分かります。

「買ったままのBig Muff Piはトーンコントロールであまりにも中域が削られてしまうってことですかね。これだと、自分で弾いてるだけじゃ分からないんですけど、バンドでやり始めるとギターのトーンがバンドの音でかき消えていっちゃうんですね。 この中域を取り戻すために、要はトーンスタックにMODを加えるとかなり良くなるんですね。」とか、「もう少し、一言で言うとよく知られているハイカットタイプのコントロールです。それで、それほど不満はないと言えばないのですが、Big Muff Piの特徴でもあるバスの周波数帯域のコントロールもついでにしちゃいます。」とかがよくこの周波数特性には現れていると思います。

それで、まあ後はどういったパーツを使うかですが、これはやはり色々な組み合わせも含めて、経験でしか分からない部分がまだまだありますね。ですので、ここら辺は各パーツの入手ルートの数と、各自のノウハウという感じですかね。(まあ、それでも昔よりは現在はインターネットを用いれば、特に海外の情報は非常にためになりますね♪日本でもまだまだ私にすれば数は少ないですが、非常に質のよい情報を発信されている方もいますね。大体このブログでご紹介している方は素晴らしい方ばかりですよ♪)

ご参考:


Tone Stack回路の一覧
エフェクター名 R1 C1 R2 C2
Big Muff Pi (現行) 22k

3.9n
( .0039uf)
22k

10n
( .01uf)
Russian Big Muff (現行) 39k
3.9n
22k
10n
Big Muff Pi (Triangle) 33k
4n
33k
10n
Big Muff Pi (Ram's Head) 33k
4n
22k
10n
Big Muff Pi (1975年) 39k
4n
22k
10n
Big Muff Pi (1977年Opamp版) 5.6k or 8.2k
100n
1.2k
120n
Big Muff Pi (後期/80年代) 39k
4n
100k
10n
Green Russian Big Muff 20k
3.9n
22k
10n
Little Big Muff 22k
3.9n
22k
10n
Swollen Pickle 33k
3.3n
22k
47n
Colorsound Jumbo Tonebender 33k
3n
33k
10n
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

ここ最近ですが、何と「Big Muff Russia」が生産終了となりました。。。。。今回はその貴重な?Russian Big MuffのColorsound Jumbo Tonebender化 新MODになります。一言でいいますと、Big Muff Piよりもう少し低域を抑えた感じで、歪みの方もキメの細かなジリジリいう感じ(でも、決して音が細いというわけではなく音が凝縮された感じ)、もっというとコンプレッション感が取れたよりナチュラルな?Fuzzって感じです♪しかも、Fuzz Faceのようなモコモコ感がなく鋭く突き刺すような感じです。



他のBig Muff系のMODと同様に全部ではありませんが、ひたすらオリジナルのColrosound Jumbo Tonebenderに回路の定数を合わせていくという地味な作業です♪まず(オリジナルはBC184ですが。。。)手軽に入手できるBC184、BC184LCで試してみましたが、とにかく太っといオーバードライブから粗めのファズ・サウンドまでこなせます♪私的にはBC184Cの方が好みでした♪

また非常に可変領域が広いTONEコントロールでクリーミーなGilmour風トーンからストラトのフロントでもいい感じのトーン全開の突き刺さってくるようなジリジリサウンドまで、サスティンもノブ全開の豪快に伸びる激歪みからバリッとエッジの効いたクランチ・サウンドまで良さげです!!

Russian Big MuffもMODで、ここまで多彩に変わるとなると、たまには使ってみたくなりますよ♪もう少しトランジスタを買ってhEF色々試せばさらにいい感じになるでしょうね♪



MOD内容:

1. 2段目のTr周りのクリッピング回路
まず、コンプレッション感が取れたよりナチュラルな感じのヒミツは、このクリッピング回路の除去です。Big Muffにはあって、Tonebenderにはありませんので外しました。

2. Tone回路部の変更
ここは定数的にBig Muffもう少し低域が抑えられたような回路になっています。

3. 最終段の回路分の変更
ここはBig Muffの最後の回路部分をショートカットした感じになります。Big Muffの原型とされるSupa Tonebenderだとここの回路が加えることで、さらに歪みをましています。



4. (New) トランジスタの変更
最後に、何はともあれトランジスタの変更ですかね♪BC184Cですが、取り敢えずは入手しやすいBC184かBC184LC。(BC184はそのまま挿せますが、BC184LCは逆転させてしかも一部脚をクロスしないと音は出ません♪ご注意を)

本当はトランジスタをかなり買い込んで選定したモノを載せると、あの強烈なブチブチした音も再現できるとは思うのですが。(Fuzz Faceよりはトランジスタ依存が少ない回路なので取り合えず、ゲルマトランジスタでも安定していい音でなると思います。)

Colorsound Jumbo Tonebender


Colorsound Tonebender Old vs New with Clint Westwood


Colorsound Supa Tonebender (より歪みをアップさせた感じのTonebender)


Barber Trifecta Fuzz Pedal(これってたった$149.95です!今だと為替が$1=89円程度なので1万3千円位で買えちゃいます。。。。しかしこんなに米ドルが弱くなるなんて。。。。)
(これは、右上のトグルSWでSupa Bender風(右)、Jumbo Bender風(中央)、Triangle Pi(左)モードが選べるようです。動画では、Supa(右)モードは1:27~、Jumbo(中央)モードは4:17~、Big Muff Pi(左)モードは4:54~です。)


【免責条項】
当ブログに記載している記事によって生じた不具合には一切の責任を負いません
何卒ご自身の自己責任で改造の程宜しくお願いします。

【Disclaimer】
Would you please proceed this modification at your own risk, becasue I am not responsible if your pedal does not function after the modification. Do not proceed it if you think that you are not capable of performing these mods enough, since soldering and replacement of small components are involved.


良さげなら、これを↓クリック♪

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031