HOME   »  Zendrive (Overdrive)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Hermida Audio Technology社のZendrive Overdriveで用いられているN-Ch MOSFETの2N7000 2個 + ショットキー・ダイオード3本 + オペアンプAD712のセットをご紹介します。



一部詳しくはこちらに説明をしていますのでご覧下さい。ですので、今日はオペアンプAD712をここでは紹介します。これはZen Chipと言われております。はい、AD712とZendriveでグーグれば直ぐに出てきます(決して「日本語のページを検索」ではなく、「ウェブ全体から検索」で検索してください。「日本語のページを検索」だと私のこのページしか出てきません。ということは、日本でこうやって書くのは私が初めて?でしょうかね)。

AD712はアナログデバイスの高精度・高速BiFETオペアンプ(デュアルチャンネル, LF412/TL072の改良型)です。スルーレート(SR)も16V/usあり、なかなかパフォーマンスです(データシートはこちら)。OP275、OPA2064、OPA2134と同じBiFETですが、かなり音の解像度が高いオペアンプのようです。(オペアンプについては、こちらのオペアンプもろもろでも解説させて頂いています。)

Zendriveのキモとなるパーツの特徴は、やはりハイレスポンス(高速という枕詞が付くダイオードとオペアンプを使用)でしょう。何故、Zendriveがこれ程人気になるか分かります。やっぱり、アンプ直付けのあの感覚が皆さんに受けたのでしょうかね。

 

そろそろZendriveもブームは落ち着いてきましたので、これからはもう少し拘りながら回路やアンプの勉強をしてみるのもいいのではないでしょうか。

これもやっと海外から入手しましたのでこちらでお譲りできます。個数は限られていますのでお早めに。結構これ入手邪魔くさいです、サクッと買ってサクッと組み込んで週末辺りにサクッと弾いてみてはどうでしょうか?

皆さん、そろそろ、クリッピングといい、オペアンプといい、一番大事なものを拘ってみませんか。

Hermida Audio Zendrive Overdrive


Zendrive 1 Vs. Zendrive 2 Vs. Mosferatu (Part 1 of 3)


Barber Small Fry Hermida Zendrive Fulltone Distortion Pro





Hermida Audio Technology社のZendrive Overdriveで用いられているN-Ch MOSFETの2N7000 2個 + ショットキー・ダイオード3本のクリッピングセットをご紹介します。

DSCN5319_R.jpg

皆さん、よくZendrive自作のダイオードは1N34aを代用していますが、実際に用いられているものは違います。もう少しクリッピング電圧の大きなこのショットキーダイオードです。私には本当は不思議でたまりません。あれだけ、コンデンサや、抵抗には拘わって紹介されているようですが、肝心の歪みを作るこのクリッピング回路は拘っていない方が多いように思います

それでいて、音に関してはZendriveと同じと仰っている方も多いです。まあ果たしてそうでしょうか?ご自分の本当の心や耳で聞いてみてください。このショットキー・ダイオードは実際のZendriveで使用されています。neon blue color(水色)が目印ですので、分かる方は分かると思います。是非ご検討下さい。

ところでもう1つの理由としては、このSTMicroelectronics社製のショットキーダイオードなかなか日本では売っていないし、見かけもしないと思います、ですので、なかなか入手できないだけなのであれば話は別ですので、アメリカより取り寄せました。こちらでお譲りしたいと思います、知ってるけどどうやって入手するか分からなかった方、拘る方、本当に音が分かる方は自作で試してはどうでしょうか?

N-Ch MOSFET 2N7000 2個          ショットキーダイオード 3個
N-Ch MOSFET 2N7000    Schottky_Diode.jpg

ちなみに、過去においてはZendriveの初期は対称クリッピングでしたのでこのショットキーダイオードは2個のみでよくなります。が、現行のZendriveは非対称クリッピングなのでこのショットキーダイオード 3個が必要です。(ただ、他の写真を見ると、どうも片一方はSchottky->?ダイオード->2N7000でした。60って見えるのでゲルマ・ダイオードだと1N60ですが、どうもショットキー・ダイオードのようにも思います。兎に角、現状確かなのは2個は絶対にこのショットキーを使い、残りの1個もこのショットキーか、他のショットキーか、1n60です。低い電圧の方が先にクリッピングされるように配置してください)このセットであればどちらでもOKです。

次に、音的なコメントです。はっきりいうと1n34aでも気持ちよく音は出ます。しかも、1n34aの方が音がストレートに塊でドォーッと出てきてくれるので、弾きやすく、分かりやすいかもしれません。適当に弾いてもそれなりの音が出るという感じです。多少ピッキングが不安定でもそれなりに音が出る感じです。分かりやすい音です。

一方、このショットキーダイオードは違います。はっきり言うと1n34aよりかなり大人しい音に感じると思います。ピッキングに応じて即座に音が素直にストレートに出てるって感じで、レンジも高域にかけて抜ける感じで、直結で弾いてる一体感があります。

本当に自分の気持ちが、微妙なピッキングの違いが音に出てしまう感じ、スィープ時やチョーキング時の音の微妙な変化が出てしまう感じ、使いこなすと本当に弾くのが楽しく感じます。また、痛い高域の奇数倍音成分が抑えられつつも、より高域への偶数倍音成分はより豊かで、より楽しく弾ける素晴らしいダイオードだと思います。

一応、データーシート上のスペックでも、クリップする電圧はこのショットキーダイオードは1n34aより若干3割~2倍程度高くなっています。さらにこれがその先にあるFETへ印加されるのですから音的にも十分影響があります。さらに、MOS FETと合わせると2.9Vでクリッピングされる計算で、CJODの1.2~2.0Vよりも高いクリッピング電圧が注目に値します。

これを見て気づかれた方もいるかと思います。だんだんとクリッピング電圧が高くなるのが歴史的な大きな流れですね。そうすると次世代にはどういう高クリッピング回路が現れるでしょうね?楽しみですね。

また応答反応もショットキーは圧倒的に速く、1n34aの30倍レスポンスがよいです。これは矩形波のエッジの形状にもろに関わりますので、これ位違うものをクリッピングに使うのですから前述のピッキングニュアンスも絶対に違ってきます、納得です。(非常に難しい話をすると、一般のダイオードは普通のPN接合なので多数キャリアと少数キャリアによって電荷を運びますが、このショットキーバリアダイオードは金属-半導体接合なので多数キャリアでしか電荷を運ばなくてもよいため高速動作が可能です。このように中で起こっている物理現象を原理的に調べてみても裏づけされています。)

P.S.
ちなみにZendriveでは、N-Ch MOSFETの2N7000は閾値電圧以上になるとS(Source)からD(Drain)とG(Gate)の方向に電流が流れるように使用します。ですので実装時にはD(Drain)とG(Gate)を束ねて接続するだけで通常のクリッピング・ダイオードの使い方と変わりません(正確に言うと違いますが、こう考えておけば接続は間違いません。本当は難しい話をするとG(Gate)-S(Source)間の電圧差に応じ大体2.5V程度を超える頃からS(Source)からD(Drain)へ電流が流れはじめます。ですのでこういう風に繋ぐとある意味ダイオードになります)。

2n7000_device.gif

各クリッピングデバイスの閾値電圧の一覧:

Ge Diode 0.2-0.3V
Schottky Diode 0.4V
Si Diode 0.5-0.6V
LED Diode 1.2~2.0V (代表的な例として、青、白は3.6V、赤、黄、緑色は1.7~2.0V)
MOS FET(2N7000) ~2.5V

各エフェクタのクリッピング電圧の概算値:

MXR Distortion+   -0.3V ~ + 0.6V  Distortion
BOSS SD-1      -0.6 ~ + 1.2V   Overdrive
Mesa Boogie      -1.8V ~ +1.8V  Distortion
CJOD          -2V ~ +2V    Overdrive
Marshall Guv'nor   -2V ~ +2V     Distortion
Zendrive(1n34代用) -2.8V ~ +3.1V   Overdrive
Zendrive        -2.9V ~ +3.3V   Overdrive


私と同じような考えの人がいますね~♪ Gibson SG? + Zendrive Cloneの組み合わせで、Schottky diodeとGermanium diodeをSWで切り替えて音を較べてる人がいました。

1:43からゲルマニウムへ切り替えていますが、"That's the clipping section switch. Germanium diode mode. The high and volume is slightly reduced with this mode.(これがクリッピング部のスイッチです。ゲルマ・ダイオード・モードです。このモードですと僅かに高域とボリュームが少なめになります)"



0:32でショットキー・ダイオード、1:04でゲルマ・ダイオード、また1:23からショットキー・ダイオードへ切り替えていますが、"(0:32) all knobs at noon. Schottky diode mode. it's slightly brighter sounding.(全てノブは12時。ショットキー・ダイオード・モード。僅かに明るめの音に)"、"(1:04) germanium mode. notice the slight bass boost.(ゲルマ・ダイオード・モード。僅かに低域がブーストされている感じに注目)"、"(1:23) back to Schottky(ショットキー・ダイオードへ戻す)"という感じ。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
Twitter
Blogram
なかのひと.jp
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2015 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
為替レート
抵抗と、コンデンサの読み
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.

カウンター

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728