HOME   »  Cameron Amp
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
こちら「NAMM 2012: Cameron Ampから CCV-100、ATOMICA mod、OLD BITCH mod♪」でもご紹介した Cameron Amp ATOMICA modシリーズをまたまたご紹介します。



Cameron ATOMICA modシリーズ (約23万円, $2850)
これ2011/12/19にやっとプロトタイプをCameron Amp社自身が入手したばかりの最新の製品のようです。サウンドは正に素晴らしいの一言だったようです。既にアンプは筐体のトーレックスまで張り終えていて NAMMに展示するということです。

これMark Cameron自身がハイゲイン用 Jose回路を使って何年もかけて完成させたものらしく、もちろんハイゲインやローゲインも含め複数のゲイン・レベルから選べるようにするための独自のロータリー制御が特徴のようです。Point to PointワイヤリングやMetro FXループも目玉の一つです。これは2月初旬から出荷可能なようです。





Google


Cameron Amplification Atomica Mod Series Amplifier official Demo


Metro-Friedman plexi - LA amp show 2011 #1


Metro-Friedman plexi - LA amp show 2011 #2


Cameron AmplificationのBrad King氏のコメントによると、2011年は設立者&設計者の Mark Cameron氏、そしてRob Navarrette氏や Dave Friedman氏と協力していくつかの非常によいアンプを発売してきた年であったと同時に、彼らの製造委託先だったBarangは絶えず悩ましい問題が多く、頭の痛い状況だったようです。

そのため、Brad King氏は交渉に交渉を重ね、2012から何とアンプ専門のあのGeorge Metropoulos氏、および彼のMetro Ampsへ完全に製作委託先を切り替えることに成功し意気揚々のコメントを発言しています。

DIY/自作真空管ギターアンプ METROAMP Plexi Replicas

Google


というのも、現在 George氏はBrad King氏の友人である Friedman氏のアンプ製品を一手に引き受けている事情があるため、紹介してもらったという経緯だと推測できます。

しかし、Cameron Ampのオリジナリティには配慮がされていまして、本当にアンプを理解している方の手で製造はして頂けるようですが、(一切 Metro Ampsが販売しているキットや他社のプラットフォームなどは流用しないという意味で) Cameron Ampのオリジナルなパーツ、仕様、および回路によって製造されるルールとしたようです。

その結果、Cameron Ampのオリジナリティは維持したまま、品質や恐らくはさらにトーンまでさらに期待していい状況になると思います。ということで、改めて Cameron Ampの製品ラインナップをご紹介です。

Cameron CCV100 (約28万円, $3500)

NAMM 2012後を目標に Metroに製造を切り替えた上でCCVの出荷を再開し、恐らくは翌々月の3月から出荷ができる見通しのようです。George氏によると週5台のペースで Cameron CCVを完成させるので、一旦出荷が始まるともたもたしている暇がないほど手際よく製造していかなければいけない。



Cameron CCV-100


Cameron ATOMICA modシリーズ (約23万円, $2850)
これ2011/12/19にやっとプロトタイプをCameron Amp社自身が入手したばかりの最新の製品のようです。サウンドは正に素晴らしいの一言だったようです。既にアンプは筐体のトーレックスまで張り終えていて NAMMに展示するということです。

これMark Cameron自身がハイゲイン用 Jose回路を使って何年もかけて完成させたものらしく、もちろんハイゲインやローゲインも含め複数のゲイン・レベルから選べるようにするための独自のロータリー制御が特徴のようです。Point to PointワイヤリングやMetro FXループも目玉の一つです。これは2月初旬から出荷可能なようです。

Cameron "Atomica" Modded Marshall Plexi - El Capistan Delay


Cameron "Atomica" Modded Marshall Plexi (Dry)


Cameron OLD BITCH modシリーズ (約23万円, $2850)

Mark Cameron氏がこれまた先週の2011年末に設計レイアウトを完成させたばかりのもので、George氏にプロトタイプを作ってもらうために送ったばかりのものです。これも NAMM 2012に何とか間に合うようにしたいとは思っているようですが、間に合うかどうかはよく分からないとのことです。

これって、Aldrich、Norum、Oceanの回路の最も良いところを、完全に ATOMICAとは違った形で完成させたようです。但し、一部外装は ATOMICA modシリーズと共有化していて Metro FXループが同様にあるようです。


Cameron Power Attenuator (約3.8万円, $475)

Mark氏はここ暫くこれを設計していたようですが、ごく数人の友人に送った以外日の目を見ることがなかったものだったようです。しかし、確かに Mark氏自身のために自分で使うアッテネーターとして作ったものであり、16Ωと8Ωの出力を持ち、ハイパワーとローパワー、さらに専用のライン出力が特徴です。

これは何がいいかと言うと、トーンが完全に、しかもかなり小さな音量でももとのままで音量だけ小さく出来るという優れもののようです。こういった機材は何も足さない、何も引かないそれに徹してこそその評価が上がるから、そういった意味では NAMMでの発表や 2月の出荷を楽しみにしたいと思います。

Cameron Speaker Cabinets (約10.8万円, $1350を予定だが変更の可能性あり)

新しい 2012年 Cameron スピーカーキャビネットは(従来で言う吸音性ガラス繊維の代わりとなる)デュポン社のダクロン(dacron)、厚めの背面合板ボード、サウンドポストを用いた Mark氏オリジナル設計のキャビネットになります。同じ H30 Celestionスピーカーを搭載させています。

既にオリジナルのCameronキャブの仕様は製造先には教えていて、全く今迄と同じ仕様、製法でキャビネットが完成予定ですが、コストは少し上がり $1350程度になるのではと考えているようです。それと同時にCameron設計の 2×12"、さらには 1×12"キャビネットもNAMMにて発表予定だそうです(価格未定)。



Metro-Friedman plexi - LA amp show 2011 #1


Metro-Friedman plexi - LA amp show 2011 #2


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
Twitter
Blogram
なかのひと.jp
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2015 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
為替レート
抵抗と、コンデンサの読み
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.

カウンター

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728