HOME   »  Charvel
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Subscribe with livedoor Reader

さてさて、こちら「Guthrie Govan氏 Suhr Guitarから Charvel Guitarへ ~新しい共同開発に向けて~」でご紹介したGuthrie Govan氏のCharvel Guitar prototype #1ですが、今度はCharvel Guitar prototype #2の登場です。

Google


Guthrie Govan氏の Charvel prototype #2

Guthrie Govan氏が今回そのCharvelの第2prototypeギターをデモとして我々に公開してくれています。そして、今回も彼のシグネーチャー・ギターではないということを強調しています。しかし、どうもこの第2prototypeギターは彼のSuhrのシグネーチャー、つまりメイプルトップにバスウッドボディという組み合わせに回帰しているようになっています。


明らかな差としては、ネックはワンピースのローステッドメイプル?に安定性を高めるためのカーボンロッド仕様になっており、トップはフレームあるいはキルトのメイプルよりはバーズアイのメイプルに変わっておりかなり高級な仕様です。




Guthrie Govan氏の Charvel初のprototype #1

これにより、Guthrie Govan氏はソリッドなコアボディとの違いを両prototypeから試そうとしているのでしょうか、そういった意味では今回の第2prototypeはソリッドなマホガニーボディに近いのかもしれません。

Guthrie Govan demos his new Charvel prototype for Guitarist magazine


The Aristocrats - JazzFestival in Germany - Arte Live Web (2012)


Subscribe with livedoor Reader

Guthrie Govan氏が最近 Charvelのギターを使用し始めたと言うことで、ファンの間ではネット上で喧々諤々の議論が、いわゆるちょっとした炎上が起こっていました。それを、Guthrie Govan氏が気にしたのか先週自分の Facebook上でその議論に対する彼の説明がありました、ご参考まで。

Google


Guthrie Govan氏の Charvel初のprototype #1


と言っても、英語なのでそのダイジェストを以下にまとめておきます。

1) ビジネス的な決断でもあるが、Suhr Guitarと私との共同開発が今後もベストな方法であるという結論に至らなかった、その1点に尽きる。したがって、Suhr Guitarから私の GG Signatureはなくなり、私は Suhr Guitarの広告塔ではなくなる。

2) Suhr Guitarは私に多大なる投資をしてくれたし、心地よい歪みをどう作り上げるかという命題に関して多くの助言をしてもらったと感じる。

3) 現在、どの他の会社とも契約はしていないし、公の場で使用したどの機材も将来 Signatureモデルにする前提で考えている訳ではない。

4) 以上をお伝えした上で、最近 Charvel Guitarの素敵な人たちといくつかのアイディアについて開発をし始めたのは事実だし、その結果は非常に勇気つけられるものになりそうということ。

そう、そのCharvelのprototype #1が写真のギターで、我々「Aristocrats」のヨーロッパツアーで私が使っていたもの。サウンドは非常に良く、ネックが私の思っているように弾きやすい。

(Koaボディ、ロースト・ベーク・キャラメル色のメープルネック、Fender Custom Shop特製の Mysteryピックアップ、Gotohの2点式ヴィンテージ風サドル、いつものTremol-No。ただ、(どんなスイッチポジションからでも瞬時にリアのダイレクトトーンを出す事ができる Suhrの十八番芸)"Blower Switch"はここ数年のボリューム・ペダルの改良でもう必要ないので止めた。)

残念なことに今あるビデオは、ギリシャでのインタビュー時の 100Wマーシャルでベッドルーム程度の小さな音量で弾いてるのと、Frankfurt Jazz Festivalのちょっと奇異で気が散るようなショート・ディレイをギターの音に加えちゃってるのと、それ位しかない。ちゃんとしたサウンドが分かるのは、必ず作るから待ってて欲しい。

もし、これが完全な Signatureモデルになるとしたら、その時は必ず知らせますが、現時点はCharvelのprototype #1(Mk1)というだけで本当にまだ何も決まっていないので、これから。

Guthrie Govan (Official)
November 20, 2012

Hello! Guthrie here, with a somewhat boring (but apparently necessary!) update… and a pretty picture ;-)

Well... the guitar I've been using lately has apparently caused something of a stir in certain sectors of the online community, so I figured it might be helpful if I explained what's actually going on.

Just to clear things up:

1) I'm no longer affiliated with Suhr guitars, and Suhr's product range will no longer include a GG signature model. This is really Not A Big Deal: the Suhr guys and yours truly simply reached a point where we couldn't agree on the best way to develop our working relationship. The finer details are of no concern to anyone other than me and the Suhr company, but there's certainly no animosity here: it was a mutual business-related decision, that's all.

Contrary to certain "purple monkey dishwasher" rumours which seem to be in circulation, this has nothing to do with any alleged reliability issues: the Suhr company continues to make consistently world-class instruments, just as it always has done.

2) Just for the record, no company has ever paid me so much as a penny to use their guitars/amps/strings/pedals/whatever. I see no point in working with any gear company unless I have the utmost confidence in the quality of its work… and genuinely feel that its product is helping me in my ongoing quest to make pleasing noises.

3) I don't currently have any guitar endorsement deal, and not every instrument I use in a public place should be presumed to be a signature model. (I'm aware that this contradicts certain assertions you may have read on Wikipedia but… where that particular source of information is concerned, it strikes me that you only get what you pay for!)

4) Having said all of the above... I have recently been working on some ideas with the good people at Charvel Guitars, and the results have been extremely encouraging!

Below, you'll see a picture of the #1 prototype Charvel I used for the Aristocrats' recent European tour. It sounds great, the neck pretty much plays itself and… to my way of thinking, it looks mighty fine, too ;-)

(Koa body, roasted/baked/caramelised maple neck, special Mystery Pickups designed by one of the Fender Custom Shop's "mad scientists", Gotoh 2-post trem with vintage-style saddles and Tremol-No as per usual... No "blower switch", purely because I no longer feel the need for one: presumably my volume pedal chops have improved a little over the last few years?)

Unfortunately, the only current video footage out there seems to be a Greek interview (where I'm playing through a hired 100W Marshall at bedroom volume levels) and a TV broadcast from the Frankfurt Jazz Festival (where the sound guys somehow contrived to add a bizarre and very distracting short delay to the guitar signal) but… soon enough, I'm sure you'll be able to hear this thing properly: its tone has a unique kind of snarl, which I'm liking a lot ;-)

If this guitar evolves into a full-on signature model/endorsement, I'll certainly let you know (and I'm guessing that Charvel might have something to say about it, too!) but at this stage it's just a "Mk1" prototype. Let's just see what happens from here...

In other news… the launch of the live Aristocrats DVD/CD package is just around the corner! Stay tuned - I promise that my next post will be more exciting and less verbose than this one ;-)

Cheers,

GG

Guthrie Govan (Aristocrats) using Ditto Looper & Flashback x4


The fellowship


The Aristocrats - JazzFestival in Germany


Charvelからあちらのお値段で$1000以下のギター「Desolationシリーズ」が登場です。正確には3つの価格帯のモデルがありまして、ちょっとかなり古い「Charvel Surfcaster」をベースにより現代のロック/ メタル向けになっているようです。

  • Surfcaster



私的には特にSingle Cutawayは注目です。例えば、Desolation DS-1 FRはLes Paulのようにマホガニーボディにカーブトップ(carved top)にネックスルーボディの仕様になっています。さらには、ローズウッド指板にジャンボフレット採用の嬉しい24フレット、2x Seymour Duncan® Blackout™ アクティブハムバッカー、3wayトグルスイッチ、Floyd Rose® ダブルロッキングトレモロ仕様です。フラットブラックとトランスブラックがあります。

Desolation DS-1 FR Transparent Blackk



Desolation DS-1 ST Transparent Red


Desolation DS-1 ST Transparent Blue Smear



Desolation DC-1 ST Transparent Red


Desolation DC-1 ST Transparent Blue Smear



Desolation Skatecaster SK-1 ST Transparent Red


Desolation Skatecaster SK-1 ST Transparent Blue Smear





カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
Twitter
Blogram
なかのひと.jp
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2015 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
為替レート
抵抗と、コンデンサの読み
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.

カウンター

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728