HOME   »  MXR Custom Badass
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
昨年、こちら「DunlopからとうとうMXR Custom Badass '78 Distortionのご登場です♪」でDunlopから新たなMXR Custom Badassラインが誕生したことをご紹介しました。その第1弾としては、高品質かつホットな古典的エフェクターを作り出すミッションのため召集された集団が、よく考え抜いた結果として幅広いトーンと、より汎用的で優れたダイナミックレンジを持ったエフェクター「MXR Custom Badass '78 Distortion」を製品化したということでした。

Google


そして、今年もCustom Badassチームはまたまたやってくれました。その名も「MXR Custom Badass Modified Overdrive」でして古典的なオーバードライブ回路に、パフォーマンスの改善と汎用性のために、モダーンな改良/modificationが施されたエフェクターになるそうです。



Dunlopは(低音の輪郭を出す帯域となる)100HZのカットとブースト制御を加えたことにより、カットする際やブーストする際のず太いトーン用にさらにフォーカスしたEQにできるようです。「Bump SW」はもう一つのEQヴォイシング機能を加えたようで(サウンドの安定感や厚みを出すための)中低域をブーストするようです。Dunlopは強く「MXR Custom Badass '78 Distortion」の前にこのエフェクターを置くことを奨めていまして、これによりトーンがマスクされることなくアンプライクなゲイン構造に豹変するということです。

グラフィックEQの周波数の計算方法について」より
~50Hz 低音の振動に近い帯域。ほとんど耳には聞こえないが、下げすぎると迫力に欠け、上げすぎると圧迫感が出る。
50Hz~80Hz 音に重みを出す帯域。強すぎると透明度がなくなる。
80Hz~250Hz低音の輪郭を出す帯域。下げすぎると低音がぼやけてしまう。
250Hz~500KHz 中音域の安定感を担う帯域。下げすぎると薄っぺらな印象を与えてしまう。
500Hz~800Hz中音域のアタック間を出す帯域。音域のほぼ中心で芯になる。
800Hz~5KHz中音域の高いアタック間を出す帯域。人間が一番聞き取りやすく、下げすぎるとシャープさを失う。
5KHz~10KHz金属的なシャリシャリ感を出す帯域。下げすぎると鮮やかさを失う。
10KHz~華やかさを出すのに必要な帯域。ほとんど耳には聞こえないので、少なめでもあまり不自然さを感じない。

Custom Badass Modified Overdrive: James





こちら「NAMM 2011: MXR ZW90 Wylde とCustom Badass '78 Distortionを発表(1)」でご紹介した「MXR Custom Badass '78 Distortion」を改めてご紹介です。まずはデモ動画を見てみてください、いい音していますよ♪

The Inside Story on the MXR Custom Badass Lineより


Max Guitar Store At Namm 2011 - Jim Dunlop MXR 78 Bad Ass Distortion


どうも今後「Custom Badass」シリーズがどんどん増えるようで、そのまずは第1弾です。GuitarNoizeの記事「The MXR Custom Badass '78 Distortion in stores now」から詳細をさらに日本で初めてご紹介しますね。

MXR Custom Badass '78 Distortion


NAMM 2011でご紹介しましたこのエフェクターは良さげな音でして、まずこれを作り出したMXR Custom Badassデザイン・チームは何十年とプロとして活躍してきたミュージシャンやエンジニアから構成されていました。彼らは、高品質かつホットな古典的エフェクターを作り出すミッションのため召集されたもようで、よく考え抜いた結果として幅広いトーンと、より汎用的で優れたダイナミックレンジを持ったエフェクターを実現できたようです。チームはまた、兼価な価格(実勢価格約6,700円/$79)でこれ程プレミアムなトーンと品質を提供できたことで、予算内で、限定品でなくいつでもどこでも手に入る素晴らしいトーンを誰もが手にすることができると確信しているようです。

で、MXR Custom Badassデザイン・チームって誰よ? ということで、ご紹介しますと THE社のJeorge Tripps氏(Mr Way Huge彼自身で、またDunlop Manufacturingで新製品開発部長)、Bob Cedro氏(Dunlopで15年以上所属しているエンジニアで、MXR Carbon Copy、EVHシリーズ、賞を受賞したMXR Bass Innovationsシリーズなどを開発)、そしてDunlop TVのホスト兼ツアーアーティスト Bryan Kehoe氏からなります。

この「MXR Custom Badass ’78 Distortion」は、ファクトリーで改造してできたエフェクターでして、ヒュージ・アンプのスタック・トーンや昔風の真空管アンプのディストーションの唸りを再現するMXR Custom Badass line最初のエフェクターです。アプローチとしては、古典的なディストーション回路を採用し、これをホットロッド化することで新しいレベル唸るようなリード・トーンや、リッチで飽和感のあるリズム・トーンを得ることに成功したようです。たった3つのノブでもBadassトーンが引き締まっています。

例えば、CRUNCHボタンは2つの異なったダイオードとLEDのクリッピング・モードのどちらかを選べ、ディストーションの倍音成分のブーストを変えることができます。'78 Distortionはオープンで広がるようなアンプライクなサウンドでして、クリーンなアンプでも、ちょっとダーティーなアンプでも、あるいは完全に歪ませたアンプいずれでも、それはそれは素晴らしいように考えられています。このように、ハイ・パフォーマンスなエフェクターでして、クリッピングさせるトップノッチ回路と頑丈なハードウェアが特徴だということです。

MXR Custom Badass '78 Distortion M78
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
Twitter
Blogram
なかのひと.jp
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2015 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
為替レート
抵抗と、コンデンサの読み
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.

カウンター

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728