HOME   »  Randall
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Subscribe with livedoor Reader

さ~て、Randallから Thrasherシリーズが登場です。はい、メタル系です、いや全部メタル系です。昔風.... 現代風....いえいえ何れでもないでしょうね、これ。全くもってユニークでオリジナリティ性の高いご存知あの Mike Fortin設計の 120Wヘッドです。





Google


さらに、徹底的に調節されたキャビネットと、トップゲインで、タイトで厚みのあるアタックとジャキジャキトーン。リズムでも、リードでも幅広いサウンドが作れそうなので、これからのスタンダードになるかどうか、といったところですかね。

  • THRASHER –120W ハイゲインアンプ
    2チャンネル/ 4モード(ブースト付)、真空管 FX Loop、XLR出力、メタルグリル
  • THRASHER412A – かなり傾斜の大きな 4x12 400W クローズドキャビネット
    Celestion G12H100スピーカー、メタルグリル
  • THRASHER412S – ストレートな 4x12 400W キャビネット(ポート穴あり)
    Celestion G12H100スピーカー、メタルグリル
  • THRASHER212 – かなり傾斜の大きな 2x12 200W クローズドキャビネット
    Celestion G12H100スピーカー、メタルグリル


表題の Mike Fortin氏は ご存知の通り「Fortin Amps」の設立者でして、アンプを改造することでよく知られている、非常に評判の高いブティック・アンプビルダーです。現在の彼の「Fortin Amps」の製品ラインナップは下記の3つのヘッドがあります。どれもパワー管4発の100W相当のヘッドになっています。


Mike氏によると、今回 Randall Amplifiersに参加することになりそうだということで、どうもMEATHEADをベースにした新しい Kirk Hammett氏のシグネチャーアンプを設計するためだそうです。実際下の写真は「GuitarNoize」さんによると Kirk Hammett氏がヤンキースタジアムの演奏で使用したプロトタイプの1つになっています。



そして、Mike氏は Kirk Hammett氏のシグネチャーアンプの後には、今度は James Hetfield氏のアンプの設計や、いくつかのRandallの現行モデルを手がけるようです。まあ、Fortin ampsもこのまま継続して続けるようですし、そのためのスタッフも雇って今後のオーダーも続けるとあります。


Fortin Meathead - Metal


Fortin Meathead - Playthrough


Bogner Twin Jet Fortin modified aka Angry Kannibal


Google


ということで、Randallから今度は スラッシュメタル四天王のバンドの一つ Anthraxのギタリスト Scott Ian氏 シグネチャーアンプ Randall RM100SI(およびそのキャビネット)と、そのMTSモジュールが出ます。かなり外見はデザインが凝っていて、海外ドラマ「LOST」の「Dharma Initiative」風のロゴの真ん中にはペンタグラムを付けたようなデザインになっています(でも、これ飽きるなぁずっと使っていると)。



海外ドラマ「LOST」の「Dharma Initiative」ロゴ



スラッシュメタル四天王(Big 4)くらい覚えやがれ♪
Randall/ランドールのRM100シリーズは絶対サードパーティーのモジュールを買いやがれ!!
Randall/ランドールのRM100シリーズは絶対サードパーティーのモジュールを買いやがれ!!(2)
Randall/ランドールのRM100シリーズは絶対サードパーティーのモジュールを買いやがれ!!(最後)

パワーは100Wでパワー管 JJ EL34に、Scott Ian氏が絵をデザインし、設計はん伝説となるラックやブティックアンプの設計者かつビルダーのDave Friedman氏によるRandall MTSプリアンプモジュールからなるようです。

Google


「Malcolm」モジュール
MalcolmモジュールはScott氏がクラッシック系ロックのリズムトーンとして使うための仕様になっています。まさにロックのリズムの名プレーヤーに捧げたモジュール名になっています。



1987モジュール
1987はScott氏が最も使用するモジュールで、彼のJCM800や80年代後半のAnthraxで作っていた彼のトーンを再現した仕様になります。



Nutsモジュール
結論から言うと、このNutsは名前の通り絶対手に入れるべきモジュールかもしれません。といいますのも、このNutsモジュールが歴代恐らくは最もハイゲインなモジュールになります。



その他の特徴として、MIDI in/thru、Master Volume、Presence、Density controls、フロント・パネルから制御可能なParallel loopなどなど。シリアル・ループ、リア真空管バイアス部、Slaveアウト、3ボタン MIDI フットSWが含まれ、ワールドワイド対応な ACインプットセレクター(100/120/220/240)となります。

最後にキャビネットですが、4x 12" ストレート・フロント・キャビネットになりまして、x4 Celestion Heritage 30搭載です。最高級のバルティックバーチで筐体を製造しており、着脱可能なキャスターがついています。Scott Ianシグネーチャーのスティールグリルになります。



Anthrax's Scott Ian Heavy Guitar


Anthrax - Live Noize (Irvine Meadows Amphitheater 1991)



カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
1位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031