HOME   »  Suhr
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Suhrからディストーション・ペダル Riotの Limited Editionとして黒い筐体のものが限定500台として発売されます。もともとSuhr氏が試行錯誤の末完成させたこのRiotは、丁度クラッシックなブリティッシュサウンドから現代的な Triple-Rectifierまでをほぼカバーする感じのものです。

まだ発売前ですが、あちらでは通常モデルと変わらない 1万6000円($200)程度で予約開始していますので買おうとしていた方は、どうせならこちらのLimited Editionの方がいいかもしれませんね。



Google

Suhr Riot Distortion Pedal IN DEPTH DEMO


Suhr Riot Distortion Pedal Demo


Suhr Riot Distortion - Fender American Standard Stratocaster


何かと色々な面で話題になりそうな、John Suhr氏の「Iso Boost Pedal」をご紹介します♪まずこれ、体外のサイトではそのポイントが上手く説明できていませんかね?エフェクター名にある「Iso」がポイントです♪

 

これの前提として、まず複数の機材同士が接続されたときを考えていて、その機材それぞれが異なるアース方式を用いているとグラウンドループ(=機材それぞれのアース電位が厳密には全く同じにはできないため、僅かでも電位差があると微弱電流がそのアース間で流れてしまうこと)が生じ、その微弱電流に起因したハム音やブーンというノイズが通常発生してしまいます。このノイズくんを「Iso Boost Pedal」では対策してま~すということです。

もう少し言うと分かりますよね?もっとはっきりいうと、宅録やライブで色々な機材の間にラインドライバーを繋ぐ方は、例えばアースの方式が違うPCからのそういったノイズをそのラインドライバーが拾いますので、それが気になる人(=かなりの確率でエンジニア)はこれで完璧なラインドライバーとして使え!ってことです。

そのために、この「Iso Boost Pedal」はアースから孤立させたアイソレーション・トランスを搭載することで、まずはアースからのノイズ源となる電流パスを機材全体で遮断してあげた上で、ブーストをするちゅ~ことになります。それにより、長~いエフェクト効果のチェーン(=エフェクターを複数台接続する場合や長いケーブルを使用する場合)であっても、最後までクリーンにドライブできまっせ♪ということです。筐体に「Iso」と書かれたSWを正面向いて左に倒すと「アイソレーション・トランス」から出力、右に倒すと「アイソレーション・トランス」なしでバファー出力となります。

あとはSuhr独自のインターフェースFX-Linkなんですが、「3 Postion FXLINK Switch」というミニスイッチが「Iso Boost Pedal」にも付いています。要は今までのエフェクターは立ち上げ時は必ずエフェクトーがOFF状態だったと思いますが、この「Iso Boost Pedal」は電源を入れるか、入力にプラグを挿すかした時に、「3 Postion FXLINK Switch」で予め設定したモードにより(正面向いてスイッチが左の場合はブーストが入った状態、中央の場合は外部のスイッチャーで予め指定しておいた状態、右の場合はバイパスの状態/エフェクトーがOFF状態で)エフェクターが立ち上がります。そのために使うMIDのようなインターフェース機能がFX-Linkになります。

ここまで説明すれば、大体のメーカーやブログの解説がすぅ~っと理解できると思います。いわばライン録り時代が故に出てきたブースターでして、グラウンドループ起因のノイズはこれでしか対策できませんし、音のレンジもかなり広いかもしれません。しかし、Suhrでも「Koko Boost」というのもあったりと、それ以外の機能はどうしてもこれでなくてもよいかもしれませんので、購入時の参考にしてください(例えば、「Iso Boost Pedal」の+20dbは、Micro Ampでは+12dBブースト、Xotix RCなら最大+20dB、もっというとEX-PROの32V駆動なら+26dbですので全然目新しいものはないです)。



また、トランスを使っている都合上この「Iso Boost Pedal」の回路動作をちゃんとさせるためにはかなり安定した電源供給が必要なようです。なので、絶えずバッテリーの残りを監視していて、安定して駆動できないバッテリー残量になると自動でtrue bypassにスィッチしてしまうので注意!

次に、話題になりそうなのがそのお値段です。西友ではないですが、全然カカクヤスイではないですかね。。代理店は株式会社×カダインターナショナルさんですか、ここも昔からカカクヤスイではないので有名ですね(しかもこういった「並行輸入品についてのご注意」もありますがこれはしょうがないかぁ)。またまた、日米価格差をいってみましょう♪まあ、かなり販売側に有利にしましたがXotic Effects RC BOOSTERですと差額0.7万円を諸経費として日本で売る場合に計上するとして、これ全部はちょっと許せませんので差額0.5万円以上のものをピン撥ねと特定しました。

ということで、どうも株式会社×カダインターナショナルさんは倍の値段に売っていまして、ピン撥ね率一定で販売価格上乗せしている感じなのが分かります~洒落にもなりませんね♪私であれば、2.2万円で引っ張ってきます~ご相談ください♪

メーカー製品名特徴米国価格日本価格ピン撥ね率
MXRMicro Amp最もシンプルなワンノブ& アナログ感が安心の定番0.6万円
($70)
0.8万円 0%
(-0.3万円)
VOXBrit Boost増幅率が最も低い真空管12AU7を用いたトレブルor フルレンジ・ブースター
(12AX7が増幅率100、12AU7が増幅率20)
1.6万円
($179)
1.2万円 0%
(-0.9万円)
HAORust Boosterゲインによりクリーンブースト~歪みありのブーストまで使える定番1.2万円
($135)
1.5万円 0%
(-0.2万円)
Xotic EffectsRC BOOSTERXoticのなかのClean Booster版1.5万円
($168)
2.2万円 13%
(+0.2万円)
EX-PRO32volt BOOSTERゲイン最大でもノイズはほぼ感じられない位の超低ノイズが売りのブースター(残留ノイズ-105dB JIS)-2.4万円-
SuhrIso BoostClean Boost
True Bypass, FXリンクインターエース
1.6万円
($175)
3.2万円 68%
(+1.1万円)
SuhrKoko BoostClean Boost& Mid Boost
True Bypass, FXリンクインターエース
2.2万円
($250)
4.2万円 68%
(+1.5万円)

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031