HOME   »  Krank
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
さてさて、Dimebag Darrell氏が愛用したこともあってかヘビメタではシェア率高めなKrankですが、今回はちょっとMarshallライクなアンプをご紹介します。その名もまんま「nineteen 80」ということで1980年代のアンプという意味なんでしょうか?



まあ、あちらアメリカでもっぱら言われている表現でいいますと「JCM 800 on steroids」だそうで、Marshall JCM800 強化版(Hi Gain版)だぞうです。まあ、そういうのは改造/MODもので昔からJosé ArredonoやLee Jacksonで知られているタイプのあれです。

例えば、どこぞのPremium Guitarのレビューではクリーン(Kleen Ch)はVox AC 50のヘッド、オーバードライブ(Krank Ch)はヴィンテージの改造JCM800らしいです。但し、如何せんこれまで皆さんご存知の KrankをイメージさせるようなHi Gainアンプではないので、その点では一度歪み系の音を聞いてから購入を検討してみて下さい。

KRANK 新製品NEWS (nineteen 80)


最近は不景気のため、各社売り上げが伸びません。なのでこういった誰もが知って買ってくれそうな一般大衆向けに、これまである既存路線ものの誘惑に負けて、そっちに製品を出してしまっています。何故にマーケットは限定されてしまいますが、Krankでしか出せないアンプに集中しないのか?は全て売り上げに掛かっているからです、綺麗ごとは言ってられないと。

しかし、ヴィンテージ調というか、カントリー風というか「ソルト& ペッパー」クロスの他に、ブラックのグリルクロスもあるようで、カッコだけは色々選べるようにしてして売り上げを伸ばす的な工夫はしています。こちらの方がヘビメタには都合がいいかとwww



この名前も工夫がされていて、いろんな意味で認識可能です。1980年代、JCM800、そして出力としては80Wのアンプと80には色々な意味が込められているようですなぁ。さらにこちらは御三家の中でも豊富なローエンドと、もっともパワーのある点が特徴の6550でして、Krankenstein系の設計のようです(5x プリ管12AX7 + 2x パワー管6550)。

まあJCM800風ですが、Sweep制御ができるあたり Krankensteinテーストも健在ですが Krank Jr. Proのフロントパネルかと思わんばかりの仕様で、ここら辺にもあれと同じでいいでしょ的な手間をかけない企画準備かつ仕様の共通化によるパーツ等のコストダウンが伺えます。

裏面はどうもこちらも Krank Jr. Pro の背面かと思わんばかりの同じような仕様でして、レベル制御付きEffect Loop、Send& Return端子、レベル制御付きFX Boost SWになっています。キャビへの接続も4Ω、8Ω、さらに16Ωと選べまして、こちらは115/230V電源かの切り替え式になっています。

Michael Wilton 2010 Krank NAMM Booth Demo


今日の最後はちょっとEffects Loopについて。ここ最近のKrankの製品はやってくれてます!最近の「FX Boost SWがある Krank製品はループを使用したときにも音の変化がほとんどない」ってことだけ覚えておけばいいです。

要は真空管によるバッファーループを入出力に工夫として入れたんですよ、この製品等に。もう少し難しいことを言うと、さらにインピーダンスのマッチングをちゃんと取れるようにFXブースト SWを導入しています。しかも真空管を利用したLoop回路なので音の質もいい感じです。

但し、Loopを使わずに通常使っていてこのSWが入っていると音が出ませんのでご注意を。それ程かなり特殊なマッチングをきちんと行ってくれてるんです、内部で。だから普段どおり抜き差ししてもそんなこと調節してくれてるなんてついつい忘れてしまう位に便利なので私的には素晴らしいアイディアだと思います。

しかも、フットSWで、チャンネル制御だけでなく、このEffect Loopをバイパスするか否かも制御できる優れものです!つまり、ソロの時なんかでも、どんな時も内部のレベルは正しく設定してくれるアンプ= どんな時でもトーンの質の変化に悩まされることなく音作りに専念できるということなんです。

詳しくはこちら「Effects Loop機能は愛憎相半ばする関係(love-hate relationship)?」を読んでみて下さい。

Steve Brown NAMM 2010 Krank Booth Demo
小型でオールチューブ&ハイゲインといえばこのKrank Rev. Jr Pro 50W ~♪でして、激歪みヘッドRevolution-1をそのままサイズダウンしたのを自宅で使いたい!ちゅー人が検討したいアンプだと思います、これ。



ちょとしたライブでも使用できるワット数50Wなんですが、何故かターゲットとしては、そう自宅用なんです。持ち運びしやすいので機材の運搬が楽なんですがね♪

まあ、歪ませた時に正直お世辞でもノイズレスとはいきませんが(Presenceを上げすぎなければそれ程ノイズ気になりません)、いい感じで激歪みしてくれます、これ。たまにはこういう極悪な歪みもいいもんで調子こいて舌なんぞ出して悪ぶってスイマセン。たまにはと言うことで、ワンダートーンさんの国内正規品を中古ですが購入しました。



Krank Rev Jr Pro - amp demo


しかーし、見た目可愛いですがちょっと馬鹿にしてはいけません!このサイズでフルチューブ仕様の50Wも出力があるのですから、十分な爆音です。一言で言うと、激歪みヘッドRevolution-1をそのままサイズダウンしたかのようなサウンドです、ハイ。それもそのはず、冬なら暖房としても使えるんじゃないかと言うくらいパワー管熱いです。

ということで、Rev. Jr Pro 50W(12AX7x3,5881x2)をご紹介です。しかも、これ20Wとは違って独立2チャン仕様(KRANK Ch& KLEEN Ch)になって、フットスイッチで切り変えられるところもグッド。SWEEPもありますし、FX LOOPもありますし、スピーカー出力も2つもありますし、当然ライン出力もあります。Fx Boost SWは特筆でEffect Loop使用時の音の変化がほぼありません。しかも高級アンプにあるように真空管を使用したLoop回路を採用しているため音質も確かです。詳しくは下記の記事を参照ください。

Effects Loop機能は愛憎相半ばする関係(love-hate relationship)?

さらにこちら「MODIFIED KRANK REVOLUTION-1 MOD」を参考にして、6L6GC(5881)から6550へサイズアップしてみたいですな(って、実際はヘッドのキャビネットサイズが物理的に小さいので試したけど入りません、無理でしたww まあ剥き出し状態なら可能ですが)。刺さっていたのはRuby 12AX7AC5 5発(アンプ回路用3発、位相インバーター用1発、Fx Loop用1発)に、Sovtek 5881/6L6GCWGC 2発でした。







パワー管の6550化により、低中域が豊たかになったためか音の線がより太く感じられ、音の塊としてぐっとまとまり感が出てくるんでしょうね。今までの感じたことのない音圧がボリュームを上げますと感じられ、これなら確かにより大音量になりますし、マイクの乗りもいいでしょうね♪さらに歪み具合も艶や伸びが改善され、高域のレンジも広がったせいかより明るくギラギラとした突き抜けるような、暴力的なハイの抜けるあの気持ちよさも良さげな感じです、さらに加えてクリーントーン何かも非常に艶やかな感じになるはずです、恐らく.... 剥き出しのままパワー管を6550へ交換してバイアス調節なんてして試してませんって、断じてwww

Krank Rev Jr. Pro: Vertically, Not Tonally-Challenged

こちら「そっか~Mesa/Boogie Transatlantic TA-15 9.2万円ポッキリ♪(更新)」や「最近流行りの小型アンプですが、もうちょっと賢く購入してみませんか? (更新)」でも取り上げましたように、あまりにも法外に高い小型アンプがまだまだ日本には多いですね~♪

ということで、ピン撥ね率が激烈に高い株式会社xンダートーンさんのKrank社製品について、日米価格比較をまとめてみました。随時更新していきます。私ですと、込み込みKrank Rev Jr. Pro 50Wなら8.6万円で、KRANKENSTEIN JR. 50Wなら9.6万円で、Rev SST 200W Hybridなら10.6万円Revolution One Plusなら18.9万円ポッキリで引っ張ってきます~是非是非こちらに問い合わせてください♪

こちらのアンプはドイツではなく、古いアンプ等のリペアから始めたアリゾナ州の小さな工房から生まれたアンプメーカーです。製作者トニー・クランク氏はこれ迄のハイゲインアンプのメリット&デメリットを徹底的に調べ、本当に必要な機能は何か追求して生まれたRevolution-1の設計で一躍有名になったアンプメーカーさんです。

Dimebag Darrellも最後に愛した入魂のシグネイチャーKrankensteinや、Dimebag DarrellシグネイチャーKrankensteinとほぼ同じでもう少し幅広い音作りが可能なヘヴィ系の新定番となりそうなRevolution 1+もハイゲインアンプの代名詞になりました。

ですので、これまたいいハイゲイン・アンプですので、是非々安く々ゲットして、このアンプの良さを試してみて下さい♪ Fx Boost SWは特筆でloop使用時の音の変化がほぼありません。詳しくは下記の記事を参照ください。

Effects Loop機能は愛憎相半ばする関係(love-hate relationship)?

Krank社アンプ一覧
メーカー製品名日本米国日/米比ピン撥ね率
KrankRev Jr. STD
20W/ 8.4Kg
8.9万円4.8万円
($549)
1.867%
(+3.2万円)
KrankRev Jr. Pro
50W/ 12.7Kg
15.8万円

※12.0万円
(株式会社xンダートーンさんから直接購入した場合)
6.2万円
($699)
2.5

※1.9
130%
(+8.2万円)

71%
(+4.4万円)
KrankKrankenstein Jr.
50W/ 11.5Kg
-6.8万円
($769)
--
(-万円)
KrankRev SST 200W Hybrid
200W/ 13.2Kg
16.8万円8万円
($899)
2.193%
(+7.4万円)
KrankKRANKENSTEIN PLUS
120W/ 21Kg
24万円15万円
($1699)
1.646%
(推定+7万円)
KrankRevolution One Plus
120W/ 21Kg
27万円14万円
($1599)
1.978%
(推定+11万円)
※便宜上1ドル=88円換算とし、日米の最安値は楽天/Google Shoppingでの新品販売の
実勢価格の最安値(バーゲンは除く)としました。


Krank Rev Jr Pro - amp demo


NAMM 2010. Krankenstein Jr presented by Rich Ward of Fozzy and Stuck Mojo


Krank Rev SST 200W Sound Clips Live at the Krank Factory

Krank Amps Revolution Plus & Krankenstein Plus Demo

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031