HOME   »  AMT Electronics
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
とうとう、AMT Electronicsのレジェンド・プリアンプ・シミュレーターが勢揃い!?ということで、第2弾となるシリーズを一挙にご紹介です♪



レジェンド・プリアンプ・シリーズ

今回のシリーズ2は、下記のようにパワーアップしてます。

  • 2チャンネル仕様
  • 3アウトプット(Drive出力/ Preamp出力/ CAB.SIM.出力)

[新製品]
D2 (Diezel)
K2 (Krank)
Vt2 (VHT)
O2 (Orange)
C2 (Cornford)

[バージョンアップ]
P2 (旧P1)
Peavey 5150/6505
B2 (旧B1)
Bogner/Hafler Triple Giant
E2 (旧E1)
Engle
M2 (旧M1)
Marshal JCM800
R2 (旧R1)
Mesa/Boogie Rectifier
S2 (旧S1)
Soldano

販売終了
F1 (Fender)
V1 (Vox)

出た~ENGLのエミュレーター! AMT Electronics「E-1」
出た~VOX AC30のエミュレーター! AMT Electronics「V-1」
Bogner Triple Giantのエミレーター!AMT Electronics B1 preamp ♪
Soldanoのエミレーター!AMT Electronics S1 preamp ♪

Google


Fred Brum - AMT Legend 2 Playthrough - E2(Left), D2(Right), P2(lead)


Fred Brum - Jaden Rose FF8 #2 - AMT Electronics D2



軽量コンパクトなパワーアンプがないかい?とお嘆きのそこの旦那見てってください。丁度活きのいい小型パワーアンプがありますよ!ということで、表題のAMT Electronics Tube Cake TC-1, TC-3をご紹介します♪



このTUBE CAKE TC-1(1W)、TC-3(3W)はソリッドステートながら真空管アンプの基本的な特徴を備えたAMT初のコンパクト・パワーアンプになります。正確には真空管アンプではないですが、サイズといい、重さといい、真空管メンテが不要になることといい、それなりにメリットはあります。下記のように、結構それなりに真空管アンプの機能がかなり満載なエフェクターになっています。

  


  • Tube Cake TC-1, TC-3の出力インピーダンスは、出力のロード抵抗に相当しています。つまり、このロード抵抗と、周波数に依存するスピーカーのインピーダンスとが上手く組み合わるように設計されており、最適なアンプ周波数応答を実現するようなっています。

  • TUBE CAKE TC-1, TC-3は非飽和領域から飽和領域へのスムーズなクリッピング動作を実現します。これによりほぼ低い倍音が支配的な、真空管のような柔らかなトーンを実現します。

  • TUBE CAKE TC-1, TC-3はかなり低い出力にも拘らず、上述の卓越したクリッピング動作により、パワー全開にした真空管アンプのような広いダイナミックレンジを達成しています。

  • このような広いダイナミックレンジのお陰で、必ずしも大音量にしなくても、特別なアッテネータを使わなくても、真空管っぽいサウンドが楽しめます。自宅の練習から、ギター宅録、あるいは小さなコンサートまで可能です。

  • TUBE CAKE TC-1, TC-3は結果として、良さげなサウンドと自然な真空管サウンドを提供してくれます。そして、コントロール系も通常の標準的なコントロールノブでして、使いやすさも特筆です:

    VOLUME
    PRESENCE - 高域以上のプレゼンスの制御
    Resonance(DEPTH) - 低域のレスポンス制御

AMT Electronics: TUBE CAKE 3W Power Amp (with V1 and Charvel)


AMT Electronics: SS-10 Tube preamp to Tube Cake JFET 3W power amp


またまた、こちら「ギタープリアンプ 総合ベスト5 ~日本ではプリアンプは何故か身近~」でご説明したAMT Electronics Tube Guitar Series SS-20 Guitar Preampを改めてご紹介します♪

基本的には、同じ説明にデモ動画を追加した感じです。どちらかの文章を読めばもう一方は読まなくてもいいですwww

この製品AMT Electronics SS-20 Guitar Preampには、電気回路に対する素晴らしい思想が見てとれますねぇ♪驚くのはまずマニュアルです、仕様書は恐らくはジェット機747の操作マニュアルって思うほどに凄いです。(マニュアルはこちらです)




総合的に見て多大な配慮がなされていまして、これにより自然なアンプのダイナミックスを真似ることができます。普通の出力ジャックに加え、ミキシングコンソール用のスピーカーキャビネット・補償出力もあります。

AMT SS-20 Guitar Preamp: To Laney Lionheart power amp - Les Paul


特徴としては宅録用のハンディー機材ということで、In direct outモードやキャビネットエミュレーターもあります。シグナルラインの強化は電圧で行っていまして、AMT Electronicsは250Vの電圧に達する能力を持ったユニットを持っていますので、プリ管12AX7 3極管に匹敵します。

AMT Electronics: SS-20 Les Paul direct.


それもそのはず、このSS-20の回路を見てみますと、1つのプリ管12AX7と、300VDCが扱える2つのJFETで構成されているのが分かると思います(恐らくは実際の電圧は250Vなのでしょう)。そして、return端子から来た信号をさらに3つ目のJFETを用いてout端子(あるいはキャビ端子)から出力するような回路になっています。

(同じCLEANとDRIVE(Crunch or Lead)の2チャンネルプリアンプ「SS-11」は2つのプリ管12AX7からなっています。ご指摘して頂いたように、「SS-20」と「SS-11」をごっちゃ混ぜにして、勘違いをしていました。そういった意味で、「SS-20」はプリ部前段の真空管1つをFETでソリッド化したハイブリットなリーズナブル版、「SS-30」は完全にFET化した完全ソリッドの廉価版だと思っておいてください。)



例えば各チャンネルで以下のようにCleanではJFETの前段に12AX7が1発、CrunchとLeadではJFETの前段に12AX7が2発という増幅の仕方で、さらに足りないゲインは前段でもう一つJFETを噛まして補うような使い方をしています。

AMT Electronics SS-20 Guitar Preampの増幅段の構成
Blueチャンネル(Cleanチャンネル)
input端子 ->JFET ->
->
->
1/2 12AX7 ->send端子
Redチャンネル(Crunchチャンネル)
input端子 ->JFET ->
->
1/2 12AX7 ->1/2 12AX7 ->send端子
Redチャンネル(Leadチャンネル)
input端子 ->JFET ->JFET ->1/2 12AX7 ->1/2 12AX7 ->send端子

ということで、結局種明かしはこれだけです。つまり、どういうことかというと、このプレアンプは単純に大音量で温かなサウンド信号でアンプへ送り出す設計になっていまして、これが非常にレベルの高いフレキシブルな働きをしてくれます。恐るべしロシア製wwww

AMT SS 20 guitar preamp on stage


補足:SS-11
ちなみに、ごっちゃ混ぜにしていたプリアンプ「SS-11」は下記のように筐体は小さいのですが2チャンネルなのでしっかり2つのプリアンプ12AXTが入っています。お値段もほぼ倍する理由はこれです。



特に、下記の構成からBlueチャンネル(Cleanチャンネル)と、Redチャンネル(Leadチャンネル)ではSS-20との違いが出るものと思います。

AMT Electronics SS-11 Guitar Preampの増幅段の構成
Blueチャンネル(Cleanチャンネル)
input端子 ->1/2 12AX7 ->
->
->
1/2 12AX7 ->send端子
Redチャンネル(Crunchチャンネル)
input端子 ->1/2 12AX7 ->
->
1/2 12AX7 ->1/2 12AX7 ->send端子
Redチャンネル(Leadチャンネル)
input端子 ->1/2 12AX7 ->1/2 12AX7 ->1/2 12AX7 ->1/2 12AX7 ->send端子







カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031