HOME   »  MOD(改造)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Subscribe with livedoor Reader

さ~て、今日はこちらの記事「真空管の旅: パワー真空管とそのシグネチャー・サウンドに関するガイド4 ~パワー管を交換することの喜び編~」でご紹介した今日現在市場にある23種類の12AX7に対するトーン特性の包括的な比較チャートを解説です。恐らく日本初公開の必見情報だと自負しています。

Google


[現在あるプリアンプ管12AX7の包括的な比較チャート]
ちなみに本比較チャートは、米国アリゾナ州のテンペ(Tempe)を拠点とするAmplified Partsのセールスエンジニアである Kurt Prange(BSEE)氏によります。

Kurt氏はGibsonアンプ「Kalamazoo」発祥の地であるミシガン州Kalamazooで9歳よりギターを始め、現在は妥協ないトーン追求のためギター自作や真空管アンプ設計をミュージシャンの協力を得ながら行っているそうです。

さあ、ここからは比較チャートの見方ですが、その前に通常どのプリアンプ管も下記のように種類によって増幅率(amplification factor: μ)は基本同じ増幅率になっています。そしてプリアンプ管12AX7は最も高い増幅率の100になり、高増幅(high-mu)と呼ばれる規格の真空管になっています。

規格:  12AU7 < 12AV7 < 12AY7 < 12AT7 < 5751 < 12AX7
増幅率:  20 < 30 < 40 < 60 < 70 < 100

なので基本同じ回路である限りは理想的には同じ増幅率で全く違いはないはずですが、実際には設計・製造する過程で大なり小なりの違いがあるのですから、かなり増幅率が異なってきます。そのためこの比較チャートが作られたんですね。


グラフの見方
  • このグラフは異なる真空管ブランドからサンプル数を同じにして取得した、平均的なゲインとノイズに基づいています。ですから、各ブランドの全ての12AX7がこのグラフト同じことまでは保証していません。

  • ゲインの数値は、例えば数値「10」は10倍増幅されるといった絶対的な値や意味はなく、相対的な値になっています。

  • ノイズの値も相対的な値になっていて、ノイズが小さいほど数字も小さいくなり1-4の4段階で評価

例として、高ゲインのものを5つ挙げましたが、これは単にゲインが高いものがよいという評価ではなく、狙いに合ったゲイン、低域・中域・高域のバランス、ノイズ加減のチョイスの際に参考となるリファレンスだと感じます。完全版は下記の続きを読むで全23種類に対する完全チャートがあります。

増幅率の相対比較 高ゲインな5つ

製品名(モデル名) ゲインの相対値(1-10) 真空管の構造
(ガラス管の直径)
ノイズ
1 T-12AX7-MUL 総合 10
Low 10
Mid 10
High 10

(0.870-0.878")
3
2 T-12AX7-TUNG 総合 8.3
Low 9
Mid 8
High 8

(0.870-0.882")
1
3 T-ECC803-GLD-JJ 総合 8.3
Low 8
Mid 9
High 8

(0.840-0.850")
3
4 T-7025-CHINA 総合 8.3
Low 9
Mid 9
High 7

(0.856-0.875")
4
5 T-12AX7WB-SOVT 総合 8
Low 9
Mid 8
High 7

(0.869-0.877")
3
6 T-12AX7-GLD-JJ 総合 7.7
Low 7
Mid 8
High 8

(0.840-0.853")
3
7 T-12AX7EH 総合 7.7
Low 7
Mid 8
High 8

(0.870-0.878")
2
8 T-5751-JJ 総合 7.3
Low 7
Mid 8
High 7

(0.843-0.854")
1

ちなみに、下記にパワー管は用いないプリアンプ管だけで作られた超小型アンプを揃えてみました。今後も、この超小型アンプ見つかればどんどん追加して更新していきます。

1本のプリ管12AX7は2つの独立した真空管増幅回路でできているため、基本的には1本のプリ管12AX7の各真空管増幅回路を交互にプッシュプルに動作させてパワー部を形成しているようです。

製品名(メーカー) 出力 チャンネル数 プリアンプ部 パワーアンプ部 値段
Firefly (AX84.com)
1.5W 2ch 2x 12AX7 1x 12AU7 約$200
Lil' Night Train (VOX)

2W 1ch 2x 12AX7 1x 12AU7 1.7万円
(推定)
HT-1HR (Blackstar)
1W 2ch 1x ECC83 1x ECC82 2.5万円
(推定)
HT-5H (Blackstar)
5W 2ch 1x ECC83 1x 12BH7 4万円


Subscribe with livedoor Reader

今日でとうとうこの真空管の旅の記事も最後になりますが、今度はAmpegで有名な6550になります。(Power Trip: A Guide to Power Tubes and Their Signature Sounds P.8より)




Google


6550
  • NOS 電気特性仕様 (RCA 真空管マニュアル)
  • 構造的な分類: “beam power amplifier”
  • フィラメント電圧: 6.3 V
  • フィラメント電流: 1.6 A
  • 最大プレート電圧・ワット数: 600 V, 35 W
  • 最大スクリーン電圧・ワット数: 400 V, 6 W

1950年代半ばに導入され米国で製造されていた6550は、より大きなパワーと少ない歪みが求められるハイファイオーディオに最適でした。Ampegは1970年代に彼らのSTV(Super Vacuum Tube)アンプで6本のパワー管6550を使用していました。

ベースの演奏家には古典的なサウンドとはなりますが、非常にクリーンで、丸く温かみのあるサウンドが6550の特徴になります。なので6550は、一般的にはギターアンプで使われることはないのですが、1970年代位は米国のMarshallのディストリビューターEL34の代わりに6550を採用した多くのJMPギターアンプを販売しました。

(推定されるのは米国に到着するころには多くのEL34に欠陥が発生したため、そのディストリビューターは保証期間をしのぐためにこの6550の使用を決定したのでしょう。)




1970年初め AmpegはSVTアンプで6本の6550を採用. 写真の出展はChicago Music Exchangeから

KT88は一般的に6550の代用品になります。なので6550とKT88の間に著しいトーンの違いはありません。もしギターアンプに使用すると、両者ともタイトで明るくパワフルなサウンドで、わずかにオーバードライブなクランチとなり、他の真空管と比較するとほぼコンプレッション感がありません。

基本6550は大きなボリュームでクリーンなサウンドを保ち、パワーアンプの歪みの代わりにプリアンプの歪みを活かしてくれます。

The Midnight Special 1973 - 15 - Steely Dan - Reelin In The Years

チューブ& バルブ: 今& 明日

色々と真空管の歴史も含めその特徴を見てきましたが、最近のアンプメーカーは新しい音楽スタイルの要望を満たしながらも古典的なトーンを再現するように伝統的なブリティッシュな"バルブ"でもアメリカな"チューブ"でもアンプを設計しています。

何故、多くのギタリストはこうも依然として真空管アンプに夢中になれるのでしょうか? それは表現するには難しいのですが、大部分は理屈抜きに結局は自分が気持ちいいと思える生の、温かみのあるトーン故、変わることなく人気であり続けられるのではないでしょうか。

Power Tube Comparison


Subscribe with livedoor Reader

今日は第四弾として、今度はブリティッシュのVOXで有名なEL84になります。(Power Trip: A Guide to Power Tubes and Their Signature Sounds P.7より)




Google


EL84
  • NOS 電気特性仕様 (Philips データハンドブック)
  • 構造的な分類: “A.F. Output Pentode”
  • フィラメント電圧: 6.3 V
  • フィラメント電流: 0.76 A
  • 最大プレート電圧・ワット数: 300 V, 12 W
  • 最大スクリーン電圧・ワット数: 300 V, 2 W

もう一つ1950年代初めオランダからの真空管は、恐らくは価格帯が手頃になるように設計されたEL84なのですが、このEL84によりハイファイステレオシステムの大量生産にも一役買ったそうです。それでこのEL84は、一般にはブリティッシュサウンドのVOXアンプの音と関係が深いとされています。

明るくクリアで、トップエンドの多くのキラキラ感とともにタイトなオーバードライブの歪みへ容易に変わります。Beatlesは1962年にVOXと契約を結ぶと、AC30と4本のパワー管EL84と言えば永遠にブリティッシュサウンドになっていきます。




A 1960s gray panel Vox AC30 Top Boost. 写真の出展はTim Mullally氏およびDave's Guitar Shopから

EL84のアメリカでの表記は6BQ5となっています。ある6BQ5のバージョンは5極管(pentode)の代わりに beam power構造を採用しています。なので6BQ5とEL84では本質的なトーンの違いはありません。多くのブランドではアメリカ表記とヨーロッパ表記を両方ラベルで示しています。

The Beatles - She Loves You Live At Manchester In 1963 HD


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Translation(自動翻訳)
カテゴリー/月別アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
BOTチェッカー
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
[カテゴリ]

openclose

Hatenar ランキング
ブログ分析
フィードメーター - これってちょっと良さげかな~♪ ぷちブログ
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
PageRank Checker
ブログランキング
FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン ブログランキング ドット ネット
ブログランキング 【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
ブログランキング
プレミアム・プログラム


ブログタイムズ



プロフィール
プロフィール

けたまん

Author:けたまん
FC2ブログへようこそ!




Copyright(C) 2008-2017 mykeita All Rights Reserved.
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事ランキング10
Vsitor
free counters
抵抗と、コンデンサの読み
カウンター
WORLD TIME



Copyright(C) 2008-2014 mykeita All Rights Reserved.


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031